ネムネム

どうもネムです。

ロードバイクに乗っていると徐々にコラムが邪魔になってきたりしますね。もしくはフレームセットを購入して最初の長すぎるコラムを切りたいときがあるはずです。

そんな時に活用できるコラムぶった切り術をお伝えしていこうかと思います。

 

万力&ノコギリ作戦

万力とノコギリを使った方法がもっともポピュラーな方法かと思われます。プロショップに頼んだ時もノコギリで切ってもらったことありますし。

なのでその万力&ノコギリを自分で用意してしまうという方法です。(ステム&ノコギリでステムを活用したカット方法もあるみたいですが、コラムを切る際に間違ってステムも一緒に削ってしまったという事例を見かけたことがあったので今回は万力ありきで進めていきます。)

 

工具を揃えるとちょいとお金がかかってしまいそうですが、そこはAmazonさんに頼ります。

ある程度しっかりしたタイプのものを選んでも万力2500円、ノコギリ1500円くらい。あとは仕上げにヤスリが100均で手に入るので、4,000円くらいあれば道具はそろいます。(さらに安いものもありますがそこは自己責任でお願いします)

万力は、パイプが挟めないタイプのものもあるので購入の際はご注意を。

 

ショップに頼んでコラムカットすると2000円~4000円は普通にかかってくるので1,2回コラムカットをお願いしたと思えば安いのもかも?

 

 

万力&ノコギリを使ったコラムカット手順

マーキング

まずは、鉛筆などでコラムの切りたい部分にマーキングを。鉛筆だと消えてしまう場合もあるので傷を軽くつけてしまってもOKです。

とにかく切り落とす部分がわかれば大丈夫です。

マーキングする際にマスキングテープを巻いてあげることで、切った後のバリを減らすことができたりするので余裕がある人にはおすすめです。

 

パーツ外し

マーキングが終わったらフロントフォークのみの状態にしていきます。ブレーキやステムなど作業の邪魔になってしまうパーツはすべて外します。

 

万力にセット

フォークだけになったら万力にセット。

強く挟みすぎるとコラムがぶっ壊れてしまうのでご注意を。とりあえず軽く動かない程度にセットしておきましょう。

 

カット

セットが終わったらいよいよノコギリでカットをしていきます。

いきなりゴリゴリ切ってしまうと、ずれたりして切った後がカッコ悪くなってしまうのである程度慎重に切っていきます。

切るスピードにもよりますが10~20分ほどで切り落とすことができるはずです。(参考動画はプロの方の作業なので瞬殺ですが。)

 

 

 

追記:まっすぐにカットすることができる便利工具もあるのでこちらを使って切るのもよさそうです。こちらは万力と合わせて使うことでさらに威力を発揮してくれます。

 

 

ヤスリがけ

ヤスリがけは面倒な気もしますが、してあげないとバリが残ったりしてステムが入らなかったり、見た目が汚いといった事態になるのでした方がやりましょう。

切った面をキレイに磨いてあげれば完成です。

後は、元の形になるよう組み上げていきましょう。

 

 

パイプカッター

本来は鉄パイプを切るための工具ですが、コラムカットにも応用できます。

ただし、カーボンには使えないのでご注意を。

使い方は動画の通りですが、慣れていないとずれたりするので本番の前に家にあるパイプとかで練習してから手を付けるのがおすすめです。

 

パイプカット後は、例のごとくヤスリがけをする必要があります。

 

 

DIY電動工具をフル活用する

マキタなどの電動工具を使ってガッツリカットしていく裏技です。

ただ、実際にやった例がないので何ともいえませぬが。

 

ヤスリがけもコンパウンドを使えば一瞬です。(削りすぎに注意ですが。)

 

工具はホームセンターなどでレンタルできるのでそちらを利用すれば、安上がりです。

今度機会があればやる予定なので、実践した際は写真アップしておきます。

 

 


ロードバイクランキング
記事がおもしろい・役に立ちましたらポチっと押していただけると幸いです。