Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ロードバイクの寿命ってどのくらい?交換時期はどのくらいがいいの?

どうもネムです。

ロードバイクは毎年新しいコンポーネントやパーツ、フレームなどが発表されますが、購入した部品や完成車、フレームがどれぐらいの期間使い続けられるのかとても気になるところ。

ズバッと「あなたのロードバイクの寿命はあと何年!」とわかればいいですよね。

ですが実際のところ、部品の寿命や交換時期についてはメンテナンスの頻度や使い方、そもそものパーツの品質によって大きく変わってくるため、一概に寿命がきまっているというわけではありません。

そこで今回の記事では、

  • フレームやホイールなど各部品やパーツごとに、こんな症状がでたら交換した方が良いという症状を紹介

したいと思います。

ホイールの寿命と交換基準

まずは、ロードバイクの走行性能に大きく関わるホイールの交換時期、メンテナンス時期の目安について紹介します。

回転の軽さとスムーズさ

ホイールの場合、まず目安となるのは回転の軽さとスムーズさです。

回転の軽さについては、ロードバイクをスタンドに乗せたり、手で持ち上げた状態でホイールを空転させ、どれぐらい回転が続くかで判断します。

それなりのグレードのホイールなら、軽く回しただけでも10回転は回ってくれるのですが、ベアリングの劣化やグリスの劣化、ハブシールの痛みなどが起こっていると、購入時より明らかに回転数が少なくなってしまうのです。

ただ、手で回せば明らかに回転数が少なくなり、回転が重くなっているとしても、実際に走行してみると案外違和感は感じません。もし実際に走行していて回転が重いと感じるような場合は、既に手遅れになっている可能性が高いです。

スムーズさについては、同様に手で持って回してみた際に、何かが引っかかるような感覚があるかどうかで見分けます。

もし引っかかる場合は、ベアリングに傷が付いていたりする場合がありますので、すぐにベアリングの交換かホイールの交換を行う必要があります。そのまま使い続けると、ベアリングを保持しているパーツが削れてしまい、ハブを全て交換しなくてはいけなくなります。

リムの劣化

ホイールについては、リムの劣化も確認が必要なポイントです。

よほど使い込まないと出ない症状ですが、長期間使い続けたホイールの場合、ブレーキがあたる面が削れて凹んできます。

リムのブレーキ面が凹むと、ブレーキの制動力が正常に発揮されませんし、場合によってはリムが割れてしまい、走行不能になってしまうため、危険です。

こちらについては、リムを指でなぞってみるとわかりやすいので、凹んでいるようなら交換すると良いでしょう。

フレームの寿命と交換の基準

ある意味一番劣化がわかりにくいのがフレームです。

とはいっても、場合によっては以外と簡単に見分けることができるので、よくある事例を紹介したいと思います。

カーボンフレームの劣化の見分け方と交換時期

実はカーボンフレームが寿命が一番短い・・・

色々な材質のフレームがありますが、一番寿命が短いのはカーボン製のフレームです。あんな高いのに/(^o^)\ナンテコッタイ

カーボンフレームはカーボン繊維を樹脂で固めて作られていますが、この樹脂は紫外線によって劣化するため、屋外走行を続けるうちにだんだんと強度が低下してしまうんです。

カーボンフレームの交換時期の見分け方

なので、力のかかる部分や他の部品を固定している部分などがひび割れたり欠けたりした場合は、残念ながらフレームが劣化している可能性が高いといえます。

特にフロントディレイラーを固定している部分は変速のたびに相当強い力が加わるため、ひび割れが起こりやすい箇所です。

10年以上前のフレームは要注意

とはいっても、最近のフレームは樹脂の改善が進んでいるため、そう簡単に破損することはありません。ちょっと一安心。

ですが、10年以上昔のフレームの場合は劣化が進んでいる可能性があるため、一度分解してフレームの状態を確認しておくことをおすすめします。

カーボン製のフロントフォークの寿命は?

また、フロントフォークについてもカーボン製のものがよく使われています。

こちらもホイールを固定している部分や、金属部品とのつなぎ目部分などが経年劣化でひび割れることがありますので、ある程度古いものは割れなどが無いか確認する必要があります。

アルミフレームの劣化の見分け方と交換時期

アルミは徐々に強度が落ちていく

お次は、アルミフレームの寿命です。

実は、アルミフレームは加工した直後が最も強度が高く、時間が経つにつれて柔らかくなっていく特性がある金属となっています。

なので、購入直後が最も頑丈で、長年乗り続けているとどんどん強度は落ちていきます。

しかも、アルミは特性的に壊れるときは一気に破断する性質があります。おそろしい。。。

アルミフレームの交換時期の見分け方

ただ、自転車用のアルミフレームは、ある程度の厚みを持たせて作られています。そのため、いきなりポッキリ折れるといった事故はほとんど無く、まず変形による塗装の浮きや、ひび割れが起こります。

これらの症状が出てきたらフレーム交換の合図となります。早めにプロショップに行って状態を確認し、相談してみましょう。

定期点検をしっかりと

上記に書いた症状は日常的にフレームの掃除を行っていればすぐにわかるものですので、走行前や走行後にフレームの手入れをしつつ異常が無いか確認しておくことが大切です。

ちなみに、アルミの劣化による破断については、アルミが材料となる他の部品、ハンドルやシートポストなどでも起こる可能性がありますので、こちらも定期的に状態を確かめておくと安心です。

クロモリフレームの劣化と損傷の見分け方

寿命が一番長いクロモリフレーム

自転車用フレームの中で最も寿命が長いのがクロモリフレームです。

知り合いの人が乗っているクロモリフレームなんかは、たまに補修はしているようですが、既に20年以上問題無く現役で乗っています。

クロモリの場合、アルミの弱点である繰り返しの負荷でも劣化は起こりにくいですし、そもそも展性が高い金属なので割れが起こることもほとんどありません。なんて心強いんでしょう。

ただしクロモリフレームにも寿命はある

ただ、どうしても鉄ですので、塗装の剥がれなどによって錆が起こり、そこから劣化してしまいます。

雨の中を走行した後はフレームの中に水が溜まり、そこから錆びてしまうこともあるので、雨の中走行した後はシートポストを引っこ抜いて逆さにし、中に入った水を抜いておきましょう。

クロモリフレームの補修について

ちなみにですが、クロモリフレームは転倒による割れや破損については大抵修理できます。

アルミやカーボンの場合、一度破損してしまうと補修する手段はほとんど無いですが、クロモリの場合は割れを溶接したり、破損した部位を切断して新しいパイプに交換することができるため、フレームが原型を留めないぐらい破損しない限りは元通りに治せちゃいます。

錆についても、パイプを接合しているラグ部分から分解し、錆びた部分を交換することで対処できるので、きちんとメンテナンスしていれば一生使い続けることも不可能ではありません。

サビ予防はしっかりと

ただ、クロモリフレームの修理についてはフレームビルダーかメーカーに依頼する必要があります。

メーカーによっては溶接やパイプの交換などは対応していない場合もあるので、こまめにメンテナンスを行い、サビの発生を予防しましょう。

フレームが「ヘタる」の本当の意味

ちょっと話がずれますが、フレームの寿命の話題で必ずといっていいほど出てくる「ヘタる」という単語。

実は、意味を勘違いしていると損してしまうので注意が必要です。

ヘタったら必ずしもフレームを変える必要はない

長い間同じフレームを使っていると、登りやスプリントの際に思ったように進んでくれなくなるといった症状が現れることがあります。

これは、自転車乗りの間でフレームの「ヘタり」と言われる症状なのですが、実はフレームが原因では無いヘタリもあるのです。

フレームはそう簡単にヘタらない

アルミやカーボンなどのフレームの場合、使い続けることで剛性が低下し、フレームが柔らかくなることがあります。ですが通常、そこまで歴然と柔らかくなったと感じられるようになるまでは、年間で1万キロ以上を数年続けるぐらい激しい使い方をしなければまず起こりません。

実際、知人がメインで使っているフレームは年間1万キロ以上走っていますが、既に6年目でもへたったりはしていないのです。

実はフレーム以外の部品が原因になることも・・・

ヘタったという場合、フレームでは無くその他の回転系の部品が劣化していたり、ライダーの出力が上がってフレームが付いてこられなくなっていることが多いです。

そのため、ホイールを硬いものに交換したり、各パーツのグリスを交換するだけでヘタリが治ったりします。

なんとなく加速性能や登坂性能が落ちてきたな~と思ったら、まずはベアリングのメンテナンスを行い、それでも駄目ならホイールを交換してみるのがおすすめです。

コンポーネントの寿命

コンポーネントの劣化を見分ける方法は?

モデルチェンジによって部品がなくなり使えなくなることが多いコンポーネントですが、メンテナンス不足やハードに使い込むことで劣化が進んでしまうことももちろんあります。

特に多いのが回転部分の劣化で、グリスの潤滑力が失われてベアリングが破損したり、雨によって内部が錆びたりして正常に動かなるのです。

このようなベアリングなどの回転部分の劣化によるトラブルの場合、なんとなく動作が重い、走行中に異音がする、動作時に異音がするなどの症状が現れます。

ディレイラーやSTIなどの動作が重くなったり、変速が決まらなくなってきた場合はコンポーネントのどこかのパーツが劣化している可能性が考えられるため、ロードバイク専門店で状態を確認してもらうことをおすすめします。

自分で直そうとして壊したら元も子もないですし。

コンポーネントは劣化よりも交換時期が早く来ることが多い

ディレイラーやクランクなどのコンポーネントについては、劣化するより先に製品そのものの互換性が無くなって交換することが多い部分です。

モデルチェンジによる互換性のズレ

シマノの場合、数年に一回はモデルチェンジが行われていますし、新しいコンポーネントは古いコンポーネントと互換性が無い場合も多く、どこかのパーツが壊れたら全部交換してしまった方が手間がかかりません。

例えば、中級者向けによく使われているシマノの105シリーズの場合、2005年に発表された5600シリーズと2010年に発表された5700シリーズでは、最低限の互換性はありましたが、組み合わせるとブレーキの性能や変速性能が落ちてしまうため、実際は交換する意味がほとんど無かったりします。

また、2014年には5800シリーズが発表されましたが、こちらはリアが10速から11速に変更されたため、ハブやSTIの旧シリーズとの互換性がありません。

ただしモデルチェンジ後、数年は修理可能

一応ですが、旧シリーズについてもしばらくは部品が残されているので、新シリーズが発売されても旧シリーズが壊れたときに修理は可能です。

ただし、新しいシリーズが発売されて2~3年も経つとほとんど旧シリーズの部品は手に入らなくなってしまうため、壊れたときはコンポーネントを全部交換しなければいけない可能性が高くなります。

ペダルの劣化と交換時期

最後はライダーの力が最も加わるペダルの劣化についてです。

ペダルの劣化は早い

ペダルはライダーの体重が加わるだけでは無く、登りやスプリントの際には体全体の力が一気に加わる部分ですので、以外と早く劣化が進むパーツです。

一応、メーカー側も負担が大きいパーツと言うことで相当頑丈に作ってはいるのですが、それでもレースやヒルクライムを多く行っていると速ければ2~3年でベアリングが変形してしまうこともあります。

私もTIMEのペダルを使っていましたが、ベアリング部分がぶっ壊れたことがあります。

見事にベアリングの数が足りてません(;^ω^)

タイムのペダルを分解・オーバーホールしてみた。メンテのやり方や必要工具など【エクスプレッソ12】

雨による劣化にも注意

また、回転の良いペダルの場合、回転の抵抗を減らすためにシール部分の密閉力が少なく作られているため、雨などが入りやすいのです。

そのため、雨の中を走行した場合は、分解してグリスを交換しなければすぐに回転のスムーズさが無くなってしまいます。

パワー系・体重が重いライダーは要注意

また、体重を支えるペダルのシャフトについても、ライダーの力や体重によっては劣化が通常より速くなってしまい、すぐに交換が必要となる場合もあります。

ある程度パワーがある方、体重がある方については、剛性の高いペダルを選びましょう。

個人的にはシマノのDURA-ACEペダルなんかは剛性が高いのでおすすめです。

その他のパーツの寿命と交換時期

フレームやコンポーネントなどはきちんとメンテナンスをしていれば、最低でも数年は問題無く使えるものがほとんどです。

しかし、ワイヤー類やブレーキシュー、タイヤについては消耗品ですので、年に一回、もしくは劣化したら交換しなければいけません。

ブレーキの寿命と交換の基準

ブレーキの場合は、シューが消耗品なので定期的な部品の交換が必要になります。新品のブレーキシューには溝が彫られていますが、この溝が無くなったら交換時期です。

使い続けるとゴム部分が無くなってしまい、ブレーキが効かなくなってしまうので、定期的にブレーキシューを確認し、減りを調べておきましょう。

ちなみにですが、一般的なブレーキシューの場合、雨の中を走行するとビビるくらい凄い勢いで削れていきます。

シマノなどのブレーキシューはある程度雨中でも減りにくいのですが、サードパーティ製(安価なメーカー)の制動力の高いブレーキの場合はシューそのものが柔らかく作られていて、耐久性に難があります。つまり雨走行には向いてません。

ブレーキの利きは自転車で安全に走る上で最も重要なポイントになってくるので、走行前と走行後は必ず利きと減りを確認して起きましょう。

タイヤの交換時期

タイヤについてはパンクの頻度が上がった、または表面にひび割れができたら交換の時期です。

また、溝が掘られているタイプのタイヤなら、溝が浅くなったら交換時期です。タイヤの横から糸みたいのがでてきているのも交換の合図になります。

ワイヤーの交換時期

ワイヤーについては、どうしても使い続けることで伸びてしまい、ブレーキの利きが悪くなったり、変速がきれいに決まらなくなってきます。

アジャスタを調整すればある程度の伸びは対応できますが、それでもいつか限界になりますので、調整仕切れなくなったときは交換すると良いでしょう。

また、ワイヤーを保護するインナーケーブルについても、劣化するとワイヤーの滑りが悪くなり、変速などの操作性に悪影響を与えてしまいますので、定期的な交換がおすすめです。(私は乗る頻度にもよりますが、1年に一回くらいのペースで交換します。)

あ、ちなみにワイヤーが切れると、シフター内で線が散らばったりして後処理がめちゃくちゃ面倒になりますのでご注意を。なんにしても劣化していると感じたら早めの交換を。

まとめ

ロードバイクに限らず、自転車は自分の力だけで走る乗り物ですので、ちょっとした変化を感じた時はショップに相談し、早めに対処しておくことで劣化を防ぎ、長く乗り続けることができます。

自分でメンテナンスを行っても良いですが、年に一回程度ショップに預けてオーバーホールしておくと、自分では気づきにくい問題も見つけることができるのでおすすめです。

ということで今回はこの辺で。

最後まで読んでいただきありがとうございましたm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。