iMacとMac mini【M1】買うならどっち?メリット・デメリットなどを比較してみた。【おすすめは?】

 

ネム

どうもネムです。

今回はiMacとMac mini【M1】を買うならどっちがおすすめか?メリット・デメリットなどを比較してみました。

 

結論:おすすめはこっち!

結論から書いてしまうと、iMacとMac miniどちらの方がおすすめかはその人の用途によって異なります。

iMacがおすすめな人はこんな人
  • Apple製のディスプレイを使いたい人
  • カメラ・マウス・キーボードをわざわざ別で買うのが面倒な人
  • 机の上を綺麗にしておきたい人(配線をシンプルにしたい人)
  • 自分好みのカラーのPCが欲しい人
  • 動画編集・写真編集をメインに考えている人

iMacはこちら>>

【最大16%OFF】iMacを安く買いたい!お得に買う方法とは?

 

Mac miniがおすすめな人はこんな人
  • 総コストをできるだけ安くしたい人
  • 持ち運びをする予定がある人
  • ディスプレイやマウス、スピーカーなどを自分好みで買い揃えたい人
  • 既にディスプレイなどの環境がある人
  • 入力ポートがたくさん欲しい人

Mac miniはこちら>>

【最大16%OFF】iMacを安く買いたい!お得に買う方法とは?
※この記事ではiMacをお得に買う方法を紹介してますが、同じ手順でMac miniもお得に買うことができます。

 

iMacとMac mini【M1】比較表

←表はスクロールできます→

iMacMac mini
価格154,800円(税込)〜79,800円(税込)〜
メモリ8GB/16GB8GB/16GB
CPUM1M1
ディスプレイ24インチ
4.5K Retinaディスプレイ
なし
(別途購入)
カラーブルー/グリーン/ピンク/シルバー
イエロー/オレンジ/パープル
シルバー
カメラFaceTime HDカメラなし
スピーカー原音に忠実な6スピーカーシステムスピーカー
入力ポート・3.5mmヘッドフォンジャック
・Thunderbolt / USB 4ポート×2
・USB 3ポート× 2(上位モデルのみ)
・ギガビットEthernet(オプション)
・3.5mmヘッドフォンジャック
・Thunderbolt / USB 4ポート×2
・USB-Aポート× 2
・HDMI 2.0ポート
・ギガビットEthernet
サイズ46.1cm×54.7cm×14.7cm
(高さ×幅×奥行き)
3.6cm×19.7cm×19.7cm
(高さ×幅×奥行き)
重さ4.46 kg1.2 kg
付属品・Magic Keyboard(Touch ID搭載もあり)
・Magic Mouse
・143W電源アダプタ
・電源コード(2m)
・USB-C – Lightningケーブル
・電源コード
参照元:Apple

iMacを買うメリット・デメリット

ディスプレイが綺麗

当たり前ですが、iMacはディスクトップPCなのでディスプレイが付いています。

4.5K Retinaディスプレイを搭載しているのでディスプレイが綺麗です。

動画編集や画像編集などデザイン系の作業をメインに考えているならiMacはおすすめです。

 

マウスやキーボードが付いてくる

付属品としてマウスやキーボードが初めからついてくるので、別途購入する手間がなく楽です。

しかも純正なので動作はもちろんのこと見た目もいい感じです。

 

ちなみにTouch ID搭載のMagic Keyboardはオプションで選択することができます。(上位モデルは最初から付属)

 

机の上がごちゃごちゃしない

PC本体とディスプレイとの配線やキーボードやマウスの配線がないため、ディスク周りを綺麗に収めることができます。

 

カラーバリエーションが楽しい

M1 iMacは最大7色から本体のカラーを選ぶことができるので、自分好みのiMacを使うことができます。

自分の好きな色というだけモチベーションも変わったりするとので、意外と大きいかと。

 

値段が高い

以前のiMacに比べたら安くはなったものの、それでも最低154,800円(税込)という価格は少々お高く感じます。

Mac miniなら最低79,800円(税込)から手に入れることができるので、その差は8万5,000円。

Mac miniにはディスプレイや付属品がついてないので、別途買う必要がありますがそれを考えてもこの差はちょっと考えものです。

ネム

iMacには4.5K Retinaディスプレイが搭載されてるので、それを考えれば安いのかもしれませんがディスプレイの美しさに拘らない人にとっては、やはりちょい高いと感じてしまうかもです。

 

大きいので場所を取る

ディスプレイサイズが24インチと地味に大きいので、場所を取るのが難点。

Mac miniの場合は、小さいディスプレイを買えばその分場所を有効活用することができます。

 

Mac miniを買うメリット・デメリット

安い

 

  • Mac mini:79,800円(税込)〜
  • iMac:154,800円(税込)〜

やはりMac miniの最大のポイントはその安さかと。

iMacのところでも書きましたが、一番下のモデルで比べるとその差は8万5,000円。

キーボードやマウス、ディスプレイなどの機材を別途買うとしても3~4万円くらいあれば最低限の機材は揃うので、Mac miniを買うと4万〜5万5,000円近く安く済むことに。

もちろんiMacにはiMacにしかない魅力がありますが、とにかく安く抑えたいというのであればMac miniはおすすめです。

 

性能は一緒

ちなみに、搭載されているCPUはiMacもMac miniも同じものなので性能面は同じです。

なのでiMacとの違いは、ディスプレイやマウス、キーボードがついているかどうかだけです。

 

コンパクト

Mac miniは本体サイズが非常に小さく場所を取らないので、持ち運びが比較的楽にできます。(配線とかはし直す必要がありますが)

 

ディスプレイ・キーボード・カメラなどを買う必要あり

Mac miniにはディスプレイやキーボード、マイク、カメラが付属していないので必要な場合は持っていない自分で買う必要があります。

Mac miniには、一応スピーカーはついていますが、音質があまりよろしくないので良い音を楽しみたい人は別途スピーカーも買う必要があります。

よく言えばカスタマイズ製があっていいのですが、機材にあまり詳しくない人にとっては一つ一つ揃えるのは面倒かもです。

Mac miniと一緒に買うと良いおすすめ機材はこちら>>

 

iMacとMac miniのおすすめモデル

iMacのおすすめモデル

iMacもしくはMac miniをいざ買うとなっても、CPUやらストレージやらと、どのモデルを選べば良いのかわからないという人のために、おすすめモデルを紹介していきたいと思います。

特に重たい作業をしないのであれば一番下のグレードを選んでおけば問題ありません。

ちなみに一番下のモデルはこれ→2021 Apple iMac (24インチPro, 8コアCPUと7コアGPUを搭載したApple M1チップ, 8GB RAM, 256GB)

 

ネム

8コアCPUとか7コアGPUとかごちゃごちゃ書かれてますが、とりあえずインターネットや動画を見たりレポートを作成したりするくらいなら十分過ぎるくらいのスペックということです

軽い動画編集くらいなら問題なくすることができます。

ストレージも256GBあれば問題ないかと。もし足りなければ外付けSSDなどを後から買えば問題なしです。

一番下のグレードのiMacはこちら>>

 

上位モデルと比べると入出力ポートが少ないという欠点はありますが、拡張ハブを使えばその辺はなんとかなります。

動画編集をガッツリしたいなら

動画編集や画像編集をガッツリする予定があるなら、上位モデルのGPUが8コアのモデルを買っておくのがおすすめ。

あとメモリは16GBに増量させておくのがおすすめ。メモリ8GBだとアプリをたくさん起動すると落ちる可能性が高いです。

iMacをカスタマイズして買う>>

 

Mac miniのおすすめモデル

Mac miniの用途がインターネットや動画視聴、レポート作成なら一番下のグレードを選んでおけばOKです。

処理性能はM1チップのおかげで十分過ぎるくらいにあるので、これくらいの用途なら問題なくこなすことができます。ストレージも256GBを選んでおいて、使っていた足らなくなったら後から外付けSSDを買えば大丈夫です。

 Mac miniはこちら>>

 

動画編集をガッツリしたいなら

動画編集や画像編集をガッツリする予定の人の場合、メモリを16GBに増やしておくのがおすすめ。8GBでも作業できないことはないですが、アプリが落ちたり動作がもっさりしたりする原因になります。

ストレスなく作業したいなら16GBにカスタマイズしておくのがおすすめです。

Mac miniをカスタマイズして買う>>

 

Mac miniと一緒に買うと良いおすすめ機材

コスパがいいディスプレイ。ただし内蔵スピーカーはあまり音が良くないようです。(とりあえず聴こえれば良いという人には十分かもです)

音質にこだわるなら別途スピーカーを買うのがおすすめです。

テンキーがついていながらかなり安いキーボード。

評価はピカイチ。

安いながらも「戻る/進むボタン」が搭載されているコスパの良いマウス。

色も3種類から選べます。

マイク内蔵のWEBカメラなので、これを買っておけばzoomやSkypeをスムーズに始めることができます。

コスパが良く、評価も高いロジクールのスピーカー。音質にかなりこだわる人には物足りないかもしれませんが、普通に音が聞ければ十分という人にはおすすめです。

Mac miniやディスプレイに付属しているスピーカーだと物足りないと思ってから購入するのが良いと思います。

 

まとめ|iMacとMac mini買うならどっち?

iMacがおすすめな人はこんな人
  • Apple製のディスプレイを使いたい人
  • カメラ・マウス・キーボードをわざわざ別で買うのが面倒な人
  • 机の上を綺麗にしておきたい人(配線をシンプルにしたい人)
  • 自分好みのカラーのPCが欲しい人
  • 動画編集・写真編集をメインに考えている人

予算があってApple純正にこだわりたいのであればiMacを選ぶのが良いかと。

iMacをお得に買う方法

【最大16%OFF】iMacを安く買いたい!お得に買う方法とは?

 

Mac miniがおすすめな人はこんな人
  • 総コストをできるだけ安くしたい人
  • 持ち運びをする予定がある人
  • ディスプレイやマウス、スピーカーなどを自分好みで買い揃えたい人
  • 既にディスプレイなどの環境がある人
  • 入力ポートがたくさん欲しい人
【最大16%OFF】iMacを安く買いたい!お得に買う方法とは?※この記事ではiMacをお得に買う方法を紹介してますが、同じ手順でMac miniもお得に買うことができます。

 

では今回はこの辺で。

画像出典元:Apple