Amazonで1,000円もらえるキャンペーン開催!

【完全版】iPhone(スマホ)の通信費・通話料を月6,000円安くした方法。

ネム

どうもネムです。

今回は、iPhone(スマホ)の通信料・通話料を安くするためにボクが実際にした対策を紹介していきたいと思います。

見直した結果、月6,000円(年間約72,000円)の通信費削減できたので参考になれば幸いです。

 

結論:通信費6,000円安くするためにしたこと

ダラダラ書いていても意味がないのでまずは結論から。

ボクがiPhoneの通信費を安くするためにしたのは、キャリア(au)から格安SIMのUQモバイルへの乗り換えです。

これをしただけで、月々の通信費を最大6,000円安くすることができました。

UQモバイルを5ヶ月使って感じたこと【レビュー】

 

iPhoneの通信費・通話料高すぎ問題

ボクがキャリアを解約しようと思ったのは、月々の通信費が高すぎるから。

 

多い月だと8,000円の支払いがありました。

このくらいの金額なら周りが普通の顔して払っているからボクも「そんなもんかな」と思っていましたが、改めて考えると毎月8,000円払うのは明らかに無駄。

iPhoneは生活に欠かせないものではありますが、さすがにキツイです。

 

それに比べて格安SIMならプランをうまく選べば、データ通信も快適で2,000円くらいに収めることができる。明らかにこっちの方がいい気がしてきました。

 

キャリアの通信費を安くできないか?

とはいっても、安易にキャリアを解約すると解約費や手間がかかるので、なんとか安く抑えることができないかプランを調べました。

 

その結果がこちら。(調査にはauの料金プランシュミレーションを使用)

 

すべて抑え込んだプラン

これは”データ通信・通話を最低限に抑えたプラン”の月々料金。たぶんauで一番安い料金プランだと思われます。

 

いっけん安くなったようにみえますが、データ通信をすればするほど料金が上がっていくので月々1GB以上使う場合は逆にお高いプランになってします。

 

MEMO
例えば、データ通信量を月1GBで契約したい田とすると、その月に動画をたくさん見て1GB以上使ってしまったら、データ通信量が追加されて勝手に料金が上がる仕組みです。

少し動画を見たり、ネットサーフィンをしたらアウトなので外出先でネットを使うことがあるボクからしたらあまり現実的ではありません。。。

 

月4GBのデータ通信のプラン

じゃあ、”データ通信を4GBまでできるプラン”にしたらいいのでは?ということで打ち出したプランがこちら。

一気に金額が跳ね上がって月々6,000円になりました。これじゃあ今とほとんど変わらない。。。

 

月4GBのデータ通信+5分以内かけ放題のプラン

参考までに、”5分以内の電話かけ放題”も設定するとこうなりました。

約7000円。高い。

ということで、格安SIMに乗り換えることにしました。

 

契約する格安SIMを選ぶ

格安SIMといってもたくさん会社があるので色々検討しました。

 

ボクが格安SIMに求めるのは以下の条件。

格安SIMに求めること
  • 通信速度が速いこと
  • 月々2~3GBくらいのデータ通信が使えること
  • 契約縛りがないこと
  • 月3,000円以内に収まること

結果的に、ボクはUQモバイルが条件に当てはまったので乗り換えることに。

 

ちなみに、UQモバイルはauと同じデータ回線を使っていて通信速度が速いので、現在キャリアを使っている大半の人が満足することができると思います。

電話をよくするならワイモバイル

ワイモバイルは10分以内の電話無料で約3,000円/月で契約できます。データ通信の速度はUQモバイルと同じくらい速くて、契約縛りもないのでおすすめ。

【実は損】UQモバイルとワイモバイルの違いとは? それぞれおすすめなのはこんな人!

 

UQモバイル乗り換えまでの手順【キャッシュバック付き】

最大1万円のキャッシュバック付きでUQモバイルへ乗り換える方法はこちらの記事をどうぞ。

新規・乗り換えでUQモバイルを申し込む時の手順を紹介!

【1万円キャッシュバック】新規・乗り換えでUQモバイルを申し込む手順を紹介!【ドコモ・au・ソフトバンク】【1万円キャッシュバック】新規・乗り換えでUQモバイルを申し込む手順を紹介!【ドコモ・au・ソフトバンク】

UQモバイルを実際に使った感想

思ったより速い

「みんな速いってゆうけど、しょせん格安SIMなんだからそこまで速くないでしょ」と思ってたけど、使い始めたら普通に速くて驚きました。

ほかの格安SIM(OCN)も使っていますが、UQモバイルの方が全然速いです。これならキャリアと契約する必要なんてないんじゃないかというくらい。

 

安い

月々の通信費が8,000円から2,000円になったのはかなり大きいです。

月々6,000円。年間72,000円お金が浮くのでそのぶん別のことにお金を使えるのは非常にありがたいです。

 

いつでも解約できるので安心

キャリアやほかの格安SIMは解約する時に違約金が発生する可能性大ですが、UQモバイルはいつ解約しても違約金が発生しないので安心。

試しに使ってみてダメだったら解約すればいいか。という気持ちで契約できるのでありがたい。とはいっても速度が速くて、料金も安いので当分解約することはなさそうですが。

 

さらに詳しいレビューはこちら

UQモバイルを5ヶ月使って感じたこと【レビュー】

 

ほかの人の感想

 

 

UQモバイルを使わないほうがいい人

おすすめしない人
  • 5G回線を使いたい人
  • 動画・SNSなどを外でよく使う人
  • 10分以上の電話をよくする人

外出先でデータ通信を大量にする人はUQモバイルはおすすめしません。

そういった人はキャリアのデータ使い放題プランなどを契約したほうが結果的に安上がり?です。(たぶん月1万円を超えると思いますが)

 

UQモバイルがおすすめな人

おすすめな人
  • データ通信をそこまで使わない人
  • 月々2,000円以内に収めたい人
  • 家族で使いたい人
  • 家に光回線があって、動画・SNSは家で使うことが多い人
  • 電話をほとんどしない人

月々の料金を抑えたい、なおかつ通信速度が速い格安SIMを探しているならUQモバイルがおすすめ。

データ通信月3GBで月1,980円で契約できます。

また家族で一緒に使う場合は、一人あたり1,480円で契約することができるのでおすすめです。

 

3GBでどのくらい使える?
  • メール:約6,270通
  • インターネット:約3,207回表示
  • 音楽ダウンロード:約750曲
  • 動画視聴:約13.5時間
  • LINE通話:約9時間

動画は容量を多くとるので、Wi-Fiを使って見るようにしています。もしも3GBで足らないようなら、後から9GB(2,980円)/14GB(3,980円)のプランに変更することも可能です。

 

UQモバイルを5ヶ月使って感じたこと【レビュー】

 

 

電話をよくする人はどうしたらいい?

長電話をする人

長電話をよくするのであれば、キャリアの通話し放題プランを別途契約してデータ通信はUQモバイルで契約するのがおすすめです。

現在、スマホで通話し放題のプランは終了してしまいました。通話し放題をキャリアで申し込む場合、通話+データ通信のセットのみなので苦しい現状です。

今後、ガラケーが廃止されたときに新しいプランがでてくれることを願います。

10分以内の電話で済む人

10分以内の電話をよくするのであれば、ワイモバイルがおすすめ。UQモバイルと同じく通信速度が速いうえに月々の料金を抑えることができます。

それに加えてワイモバイルは10分以内の電話し放題が6か月間無料なのでおすすめです。

 

 

格安SIMについてのQ&A

ネム

ボクはキャリアの高額通信費から無事おさらばすることができたわけですが、もしかしたらこの記事を読んでキャリアから格安SIMに乗り換えたいと思っている人がいると思うのでキャリアのメリットやデメリットなどをQ&A方式で紹介していきたいと思います。

キャリアの通信費が高い理由のはなぜ?

まず、キャリアの通信費はなぜこんなにも高額なのか?それは以下の理由があります。

  • データ通信(回線)が安定してる
  • サポートが手厚い
  • ハイブランド

 

データ通信(回線)が安定してる

格安SIMを使っていると、昼間や夜など多くの人が使う時間単になると通信速度が遅くなることがあります。

これは格安SIM会社がキャリアの回線を借りて運営しているから。対してキャリアはどんな時間帯でも安定した通信をすることができます。

キャリアが大きな川だとしたら、格安SIMは小川みたいなイメージです。

 

なので、安定した通信をすることができるキャリアは必然的にお値段もアップしてくるというわけです。

MEMO
ただし今回ボクが契約したUQモバイルは、格安SIMの中でも特殊で、運営しているのがau子会社なので、通信速度がキャリア並みに速いというわけです。

 

サポートが手厚い

キャリアは格安SIMには真似できない手厚いサポートがあります。カスタマーセンターとか店頭でのサポートとか。

そのぶん人件費がかかるので通信費も高くなるということです。

 

ハイブランド

日本の当初の通信を3大キャリア(docomo・au・softbank)がになっていたので、そのぶん抜きんでたブランド力が自然とあります。

その証拠にいまだに、3大キャリアを選んでおけば安心と思っている人も中にはいます。

格安SIMはファストファッション。3大キャリアはハイブランド。そんな感じです。

 

格安SIMのメリット・デメリット

デメリット
  • 大手携帯会社よりも通信が不安定
  • 大手携帯会社よりも通話料金が高い
  • 大手携帯会社とはサポート方法が違う
  • 購入可能端末が限られる
  • キャリアメールが使えない
  • クレジットカード決済が多い
  • LINEのID検索が使えない
  • テザリングが使えないケースがある
  • 初期の設定を自分でする必要がある

色々デメリットはありますが、実際にUQモバイルを使っていて正直そこまで大きな問題はないように感じます。

通話料が高い問題については、かけ放題プランがあるのでそれを使えば解決です。

キャリアのメールが使えなくなってもGmailなどで十分対応可能です。

 

メリット
  • 月々の料金がかなり安い
  • 料金プランがシンプル
  • 速度もそこそこ早い
  • 2年間の契約縛りがない(解約違約金が安い)

ネム

いま使っているUQモバイルは月額料金を抑えつつ、通信料も速いので今のところ普通に満足してます。

地味にいいのが2年縛りがないこと。いつでも解約できるので安心です。

 

簡単にまとめるこんな感じです。

デメリットのほうが数が多いので、損するように思えますが、実際のところ格安SIMは価格が安い&速度がそれなりに早いというメリットだけでデメリットを打ち消している気がします。

 

ネム

なんにしても、スマホの通信料を抑えたいと思っているのであれば格安SIMはおすすめです!

 

まとめ|通話料を月6,000円安くした方法

ということで、今回は格安SIMについてのご紹介でした。

 

もしどの格安SIMにするのか迷っているのであれば、

  • 通話はあまりしない⇒UQモバイル
  • 通話をよくする人⇒ワイモバイル

という選び方をしてしまっていいと思います。どちらも通信速度は普通に速いし料金も安いので。

 

 

 

では最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

UQモバイルを5ヶ月使って感じたこと【レビュー】 iPhoneを2台持ちしてわかった5つのデメリットとは? ガラケーからiPhoneに乗り換えるならこれだけは選ぶな!【おすすめ機種は?】

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。