ネム

どうもネムです。

12月も中旬に入り寒くなってきましたね。。。(最悪)

そんな寒さに勝つために今回はハクキンカイロを購入してみました。

日常的にはもちろんですが、ロードバイクで冬ライドする際にも使ってみようかと思います。

 

ハクキンカイロとはなんぞ?

ハクキンカイロは、名前の通り冬によく使うカイロのこと。ただ、使い捨てのカイロとは違い中に燃料を入れて使うので何回も使うことができるので経済的なカイロです。

燃料にはベンジンというガソリンに近いものを使います。(若干臭い)

 

ハクキンカイロの豆意識

ハクキンカイロは、ベンジン(炭素水素)の気化ガスがプラチナと接触して発熱する化学原理によるものです。

ハクキンカイロは、直接ベンジンに火をつけて燃やしているわけではありません。マッチ・ライターや電池を用いるのは、プラチナの触媒反応を開始させるのに必要な温度を与えるためです。気化したベンジンがプラチナの触媒作用により、炭酸ガスと水に分解され、その時発生する酸化熱を応用した環境にとてもやさしい、安全でクリーンなハイテクカイロです。

 

だそうです。要約するとハクキンカイロは、ベンジンを燃やしているのではなくて、気化したベンジンとプラチナの化学変化によって温かくなっているのだそう。そしてクリーンなカイロだそうです。

 

 

ハクキンカイロが届いた!

念願のハクキンカイロが届きました。ゆるキャンでハクキンカイロのことを知ってからいつか使いたいと思っていましたが、今年のAmazonサイバーマンデーで大幅ポイント還元があったため購入してみました。

 

お値段2700円ほどでGet。

 

 

ハクキンカイロの付属品&開封

  • ハクキンカイロ本体
  • ケース
  • ベンジン入れのカップ
  • 説明書

 

ハクキンカイロ本体は思ったより小さい&軽い。

 

 

サイズ感はこんな感じ。

意外と小さいです。ほんとにこれで温かくなるのか心配になってきます(;・∀・)

 

燃料のベンジンは別売りのためAmazonで購入しました。このときの価格は900円。

この当時はヨドバシで700円で売っていたので若干失敗しました。(後から気づいた)

 

Amazonレビューを見ていると、「以前は安く買えた」といった口コミがあったので、ベンジンの価格は変動しているようです。

購入の前は比較してみてください。

 

 

 

ハクキンカイロの火口はプラチナで出来ています。プラチナですよ!

響きがカッコいい。。。

 

なんか持っているだけで満たされてくる気がします。←本来の用途とは異なります。

 

 

ハクキンカイロの使い方・火のつけかた

まず、ハクキンカイロに燃料となるベンジンを入れます。一緒に入っていたカップでベンジンを入れていきます。

 

 

ベンジンを入れる時にこぼれるので気をつけましょう。結構臭いです。

 

点火については、私も初めてなんでyoutubeで動画を探しながら行いました。

 

さっと、つけてあげるだけで点火できるようです。あまり長く火を火口に当ててしまわないようにします。

 

 

 

火が付くとこんな感じに火口の部分が赤くなります。(ピンボケごめんなさい)

 

今回購入したハクキンカイロはかなり火付けが楽でした。

zippoでも同じような商品がありますが、レビューを見ると火が付きにくいとあったのでそちらの購入を検討している人はご注意を。

 

火が付いたかは、火口を軽く触ってあげれば確認できます。火が付くと徐々に温かくなってくるのでケースに入れておきます。

そのまま持ってるとやけどします(;・∀・)

 

 

 

ハクキンカイロの温かさの持続時間

温かさの持続時間に関してはかなり感動しました。

使い捨てのカイロよりも断然温かく使える時間も長いです。

さすがにパッケージに書かれている24時間は持ちませんが、12時間以上は軽く持っています。

ベンジンの量を適量にして使ったら普通に24時間以上使えました。

しかも断熱性を落とさずに。

 

夜寝る時やロードバイクでロングライドする時にも使えそうです。

 

 

ハクキンカイロの臭いはどんな感じ?

Amazonレビューを見る限りハクキンカイロに臭いはないと書かれていましたが、実際に使ってみて若干の臭いは感じました(;^ω^)

ベンジンの香りがほのかに香ってきます。慣れれば気になりませんが最初のうちは、臭いが気になりました

(もしかして入れる時ベンジンこぼしたからかな・・・)

 

真相はわかりませんが、これから買おうと思っている方は、若干の臭いはすると思っておいたほうが良いと思います。

 

 

臭いの対策

ベンジンの臭い対策として、アルミ箔で中蓋をする方法やアロマオイルを袋に垂らしてあげるといった方法もあるみたいです。

アロマは中に入れちゃだめですよ。アロマを垂らすのは袋です。

 

 

ハクキンカイロの消し方

消し方については、いくつか方法があるみたいです。

 

火口を外す

ハクキンカイロの火口を外してしまえばおのずと火は消えるというわけです。

ただ、火口は熱くなっているのでやる際は手袋などをはめてしてください。

 

 

ジップロックに入れる

ジップロックに入れることで酸素の供給を断ち、強制的に鎮火せる方法です。

火口を外す方法よりも安全で簡単です。ただ、ハクキンカイロをそのまま入れるとジップロックが溶けるので袋に入れたままジップロックの中に入れるようにしましょう。

 

 

ハクキンカイロの寿命について

ハクキンカイロを使い始めて間もない私は寿命がいかほどか?よくわかりませんのでグーグル先生に聞いてみました。

するとどうやら寿命は、1~2シーズンくらいだそうです。

火口などは純正のパーツも販売されているのでそれらを使ってあげれば寿命を長持ちさせることができると思われます。

 

 

ハクキンカイロのメリット・デメリット

メリット

  • 使い捨てカイロより暖かい&長時間使える
  • 繰り返し使える
  • 小さいので持ち運びが楽
  • なんかカッコいい

 

今まで使い捨てカイロばかり使ってきた私からしたら、ハクキンカイロは温かくて長時間使えるのでもう大満足です。

あと持っていると地味にカッコいい。(気がします)

 

 

デメリット

  • ベンジン臭い
  • ベンジンが切れたら買わなくちゃいけない

 

ハクキンカイロのデメリットは燃料となるベンジンですかね。若干臭いのが気になります。

個人的にはそこまで気にはなりませんが、この臭いが嫌いな人はきついと思われます。

あと、地味にベンジンを買いなおす必要があります。とはいっても一度購入してしまえば、使用頻度にもよりますが1,2か月は持つのでそこまでのデメリットではないかもしれません。

 

 

夜寝る時にハクキンカイロを使ってみたら・・・

湯たんぽ並みに暖かかったです。かといって熱すぎてやけどするということもなくちょうどよかったです。

これからの季節に必需品のアイテムとなりました。夜寝る時はいつも一緒になりそうです。

 

 

冬のロングライドでハクキンカイロを使ってみたら・・・

これから使う予定です。

 

 

おすすめのハクキンカイロ

私がおすすめするは、実際に使ってみて良かったこのモデルですね。

購入の前にはzippoの商品とじっくり比較してみましたが、火のつけやすさや温かさの持続時間などでハクキンカイロの方が上回っていたのでこちらを買いました。

(zippoは見た目がカッコいいですが、性能重視ならハクキンカイロです。)


ただ、zippoの場合オイルも一緒についてくるのでかなりお得になっています。見た目&コスパ重視ならZIPPOのハンディウォーマーもあり可と思います。

 

 

ということで今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m