ネム

どうもこんにちは。ネムです。

今回は、プロトレックprw6600YB-3JFを購入したのでレビューをしていきたいと思います!

 

プロトレックprw6600YB-3JF 購入の経緯

最初にプロトレックprw6600YB-3JFを購入した経緯について少しだけ。興味ない人は飛ばしてくださいませ。

 

私の人生でプロトレックprw6600YB-3JFが人生で初めての本格的?な時計です。ちょっとした記念に自分へのプレゼントの意味も込めて購入することになりました。

 

プロトレックprw6600YB-3JFのモデルは全部で3種類ありましたが冒頭の写真のオレンジ(赤)のモデルを購入。

購入前に、ヨドバシカメラに行って実物を見たりつけたりして念入りに調査しました。

 

 

文字盤や秒針はこのモデルが一番よかったのですが、バンドが樹脂ではなく布だった点で少しなやみました。でも少し考えて、バンドで妥協するよりもやはり自分が一番気に入った文字盤の方が大事だということになりこちらのモデルを購入。

 

購入の成り行きはこんな感じで。

では、詳しくレビューをしていきたいと思います。

 

 

プロトレックprw6600YB-3JF 開封の巻

ヨドバシに実際に見に行ったついでに注文もしてきました。

展示品以外の在庫がなかったので、倉庫からの発送です。

 

でも、翌日には届きました。さすがヨドバシさん!

 

ちなみに余談ですが、ヨドバシカメラではネットで注文しても店頭に展示されているものを発送することがあるということを店員さんに教えてもらいました。今回は、新品の在庫を抑えて送ってもらいましたがヨドバシネットで買われる方は要注意です。

 

⇒プロトレックprw6600の通販ページはコチラ

 

しっかりビニールでも梱包されてます。

 

蓋を開けるとまず、説明書と保証書が登場。

じらしますね(笑)

 

次のふたを開けるとケースが。

 

ケースは高級感ありますね。たぶん合成皮だと思われます。

さすが値段が上がってくるとケースのランクも上がるようです。(まあ、初めてなのでそこまで詳しくわかりませんが)

 

蓋を開けてようやくお出迎え!

やはり悩んで買っただけあって嬉しさと感動があります!

 

シンプルながらちょっとメカっぽいところがカッコいいんですよね~

 

背面には、プロトレックのロゴが印刷されていました。

見えない部分ですが、こだわりがあってカッコいいですよね~

 

腕につけてみた感じ、やはり大きさの割に軽くて付け心地もよいです。

なによりやっぱりかっこいい・・・!

購入して正解でした。



バンドも意外とつけ心地よく気に入っています。

 

⇒6600の詳細はこちら(公式HP)

 

⇒プロトレックprw6600の販売ページ

 

 

2か月間使ってみた感想とバンド交換

prw6600を2か月間使ってみて感じたことなどを動画でまとめたのでよろしければご覧ください。
バンドの交換も動画途中からしています。(バンド交換は5:20からです。)

 

バンド交換は、この下の記事にも書いています。

 

 

prg-600の純正バンド(黒)に交換してみた!

注文したらこんな感じにベルトとバネ棒が届きました。

ちなみにバネ棒はオプションになっているので注文する際に、頼むのを忘れないようにご注意を。

(別で買うこともできますが、バネ棒の太さがあるので選ぶのを間違えるとバンドに通すことができずに交換どころではなくなるので、不安な人は通販でそのまま頼むがおすすめです。)

 

⇒互換性があるバンドはこちら

 

では、さっそく付け替えていきたいと思います。

本来であれば、バネ棒を外すために特殊な工具が必要なのですが、プロトレックprw6600はバネ棒が簡単に外せるように作られているので必要がありません。

矢印のつまみを動かして簡単にバンドをとることができました。

 

こんな感じになりました。

バネ棒を通して片方を押し込んで本体に入れるだけで、付け替えができました。

意外と簡単でした。

 

はい。こんな感じ~

 

さっそくつけてみました。

やはり、材質が合成樹脂なので付け心地が全く違いました。ちょっとサラサラした感じですね。

汗をかいても心配なさそうです。

 

質感もよく程よく高級感がでているのもいいですね。

 

prg-600の純正バンド(黒)の外し方

ちなみに、こちらのバンドを外すときには、先ほどのようにつまみがないので簡単にはいきません。

選用の工具が必要になってきます。

 

ただ、意外と工具って値段がするんですよね。

なので代用品として僕はこちらのiPhoneについてきたsim交換用の工具を使いました。

「見たことがない」という人もiPhoneユーザーなら必ずiPhoneの箱に入っているので、一度確認してみてください。

 

残念ながらandroidユーザーだという場合は、iPhoneユーザーの友達から借りたりしてみたください。

めったに使うことはないのでよほどケチな人でなければ貸してくれると思いますので。

 

この棒をこんな感じに横から突っ込んであげれば簡単にバネ棒は外せます。

 

これでバンドの付け替えは完了です。

バンドが変わるだけで結構雰囲気も変わります。布バンドの方はカジュアルでしたが、こちらの樹脂バンドはシックな感じで合わせやすくなっています。

 

⇒互換性があるバンドはこちら

 

プロトレックprw6600を8が月使ってみて

2か月使ってみた感想レビューを書いているので、8か月後のレビューはいらないかと思ったのですが、さらに使ってみて感じたことがあったので良かったことと悪かったこと、それぞれ追記しておきたいと思います。

 

prw6600の良かったこと

  • 本体&ガラスに傷がつきにくい
  • 文字盤が見やすい

 

本体&ガラスに傷がつきにくい

 

この8か月間で本体と文字盤のガラス部分を色々なところにぶつけてきました。(わざとじゃないですよ)

ですが、傷はほとんど尽きませんでした。唯一本体を角が鋭利な金属部分(何だったか忘れましたが)にぶつけたときに少し削れただけでそれ以外は何の傷もありません。ガラス部分も傷ついて文字盤が見えにくくなるといったこともありませんでした。

なので、アクティブな場面で使われる人でも安心して使える時計だと思います!

 

文字盤が見やすい

動画でも言っていますが、prw6600は本当に文字盤が見やすいです。最近の時計は数字が無かったりするタイプのものがあるので、ぱッとみても何時なのか一瞬考えてしまうことがありますが、prw6600はぱっとみてすぐに何時かわかるので助かります。

 

 

prw6600のあまりよくなかったこと

  • ごついのでつけているとほかのものに傷がつく

 

全体的にベストなprw6600ですが、あまりに丈夫なためぶつけた側のものに傷がつきます。実際車に乗る際に不注意でぶつけてしまった際にボディに小さな傷ができました(;^ω^)

とはいっても、丈夫なのはとても助かっています。今後は私自身ほかのものにぶつけないように気を付けたいと思います。はい。

 

 

ということで以上。プロトレックprw6600のレビューとベルト交換についてでした。

少しでも参考になったなら幸いです。

 ⇒プロトレックprw6600の販売ページはコチラ

 

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございましたm(__)m