Amazonで最大20%還元でお買い物する方法とは?

Switch lightを買わないほうがいい5つの理由。【Switchと違いを比較した結果】

ネム

どうもネムです。

Switchが売り切れが目立ちますが、Switchライトはいまだに在庫があります。ただ、安易にSwitchライトを買ってしまうと後々後悔することになるかもです。。。

ということで、今回はSwitchライトを買わないほうがいい理由を書いていきたいと思います。

 

通常SwitchとSwitchライトを比較

  旧型Switch

新型Switch

Switch Lite
サイズ 縦102mm×横239mmx厚さ13.9mm 縦102mm×横239mmx厚さ13.9mm 縦91.1mm×横208mmx厚さ13.9mm
価格 29,800円(税抜) 29,800円(税抜) 19,800円(税抜)
本体サイズ ネオンブルー・レッド、グレー ネオンブルー・レッド、グレー イエロー、ターコイズ、グレー、コーラル
重量 約297g
(Joy-Con取り付け時:約398g)
約297g
(Joy-Con取り付け時:約398g)
約275g
画面 6.2インチ液晶/1280×720ピクセル 6.2インチ液晶/1280×720ピクセル 5.5インチ液晶/1280×720ピクセル
バッテリー持続時間 約2.5~6.5時間 約4.5~9.0時間 約3.0~7.0時間
対応モード ・TVモード
・テーブルモード
・携帯モード
・TVモード
・テーブルモード
・携帯モード
・携帯モード

Switch lightを買わないほうがいい5つの理由

1.Switchできない

SwitchはTVゲーム・携帯ゲームどちらでも遊べるのが売りですが、Switchライトは携帯モードのみでTVモードで遊ぶことができません。

そもそも、テレビでゲームをしたいと思っているならSwitchライトは買う意味がありません。

 

あと、スプラトゥーンなどオンライン対戦を主にやりたいなら確実にTVモードでプレイした方が勝率はいいので、やっぱり通常Switchがおすすめ。

 

2.バッテリーがいまいち

  • Switchライト:約3.0 – 7.0時間
  • 旧型switch:約2.5~6.5時間
  • 新型Switch:約4.5~9.0時間

Switchライトはバッテリー持ちがいいと思いきや実はあまりよくなかったりします。特に新型のバッテリー持ちが良いSwitchが発売されたことで、その弱点は露骨です。

Amazonのレビューをみても1時間半でバッテリーが半分なくなったというレビューもあったので、長時間プレイには不向きです。

 

3.一部プレーできないソフトがある

マリオパーティなどTVモード専用のソフトはSwitchライトでは遊ぶことができません。

携帯モードで遊べるゲームしかする予定がないならSwitchライトで十分ですが、頻繁にゲームを買うつもりなら初めは通常Switchを買った方が後悔せずに済むかと。

今後ソフトが出たときにやりたいゲームがTVモード専用で詰むこともありえますので。

 

4.画面が小さい

  • Switchライト:5.5インチ
  • Switch:6.2インチ

画面が小さいので文字が多く出てくるゲームをすると文字がつぶれて読めないという悲惨な状況が起きます。

ただ小さくなった分、本体が軽くなったので持ち運びには便利になっています。

 

5.地味に高い

Switchライトの価格は19,800円(税抜き)、税金を入れると約22,000円です。対して通常のSwitchは29,800円、税込みで約33,000円です。

その差は1万1,000円。

1万円を出すことで、TVモードがついてなおかつバッテリー持ちもよくなるなら大半の人は通常のSwitchを買った方がお得だと思います。

買わないほうがいい理由
  1. バッテリーがいまいち
  2. 一部プレーできないソフトがある
  3. 画面が小さい
  4. 5.5インチ、スイッチが6.2インチ
  5. 地味に高い

Switch lightを買わないほうがいい人の特徴

TVモードで遊びたい人

TVモードで遊びたいソフトがある人、もしくはTVの大画面でゲームを楽しみたいと思っているのであれば、Switchライトを買う理由はどこにもありません。

通常Switch一択です。

スプラトゥーンなどのオンライン対戦をよくする人

オンライン対戦をメインに遊んでいきたいと思っているなら通常Switchの方がはるかに楽しむことができます。画面が小さいとミスが増えてイライラする可能性大です。

 

あとswitchライトはネット回線につなぐときは無線がメインなので家のWi-Fiが弱いと対戦中に落ちてしまうこともあり得ます。

通常Switchは有線LANにつなぐことができるので安定した回線で遊ぶことができます。

バッテリー持ちはできるだけ長いほうがいいと思っている人

外で遊ぶ時に1分1秒でも長く遊びたいのであれば、バッテリー容量が多い通常Switchを買った方がいいです。

ただ、バッテリー容量についてはモバイルバッテリーを持ち歩くことで改善することができます。(若干重いので荷物になりますが)

買わないほうがいい人まとめ
  • TVモードで遊びたい人
  • スプラトゥーンなどのオンライン対戦をよくする人
  • バッテリー持ちはできるだけ長いほうがいいと思っている人

Switch lightがおすすめな人の特徴

家にテレビがない人

そもそも家にテレビがないなら通常のSwitchを買う理由はないので、Switchライトで十分です。

 

本体は小さくて軽いほうがいい人

  • 通常Switch:約398g
  • switchライト:約275g

長時間プレーすることが多い、できるだけ軽いほうがいいというのであれば、Switchライトは通常Switchよりも123g軽いのでおすすめです。

 

綺麗な画面でプレーしたい人

  • 通常Switch:6.2インチ液晶/1280×720ピクセル
  • Switchライト:5.5インチ液晶/1280×720ピクセル

Switchライトは通常Switchと画面ピクセルは同じですが、ディスプレイサイズが小さくなっています。なのでそのぶん、画質が良くなっています。

 

すでに通常Switchを持っている人

家にすでに一台Switchがあってサブ機が欲しい人、家族内でもう一台欲しい人はSwitchライトがおすすめです。

Switchライトおすすめな人まとめ
  • 家にテレビがない人
  • 本体は小さくて軽いほうがいい人
  • すでに通常Switchを持っている人

追記:コロナウイルスの影響でSwitch超品薄なのでSwitchライトを買うのもあり?

コロナウイルスの影響により、中国での生産が著しく低下し、Switchの在庫がかなり状態となっています。

こうなってくると、Switchを手に入れるのも一苦労。メルカリなどでは転売ヤーが定価よりも高い価格でSwitchを販売しているなど悲惨な状態です。

 

Switchライトを買うことをおすすめしていませんでしたが、こうなってくると話は別です。

どうぶつの森の発売も合わせてSwitchの在庫を探すのはかなり大変な状態で、だからといって今無理にswitchを転売ヤーから買うのも勿体なさ過ぎるので、ひとまずSwitchライトを買って生産が落ち着いてきたらSwitchを買うのが得策だと思います。

メルカリでSwitchの価格を調べてみた結果。。。

Switch本体がいくらくらいで転売されているのか参考程度に調べてみました。

 

  • Switch本体定価:約32,000円⇒メルカリ転売価格:42,000円~44,000円
  • どうぶつの森同梱版:定価約39,600円⇒転売価格:約52,000円

1万円以上高い価格で取引されていました。

こうなると、今Switchを買うのはもったいない気がします。。。

家電量販店には、たまに本体の入荷があるみたいなのでそれを狙うのも一つの手かもしれませんが、入荷日などの情報は全く見えないのでかなり労力が必要になります。ふらっと出かけたときにたまに見つかればラッキーぐらいに考えておいた方がよさそうです。

 

 

ネム

コロナウイルス騒動が収まれば、在庫は必ずあふれかえるので、今はとりあえずSwitchライトを買って焦らず待つのがいいのではないかと思います。(タイトルと結論が真逆になってしまいごめんなさい)

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。