Amazonで1,000円もらえるキャンペーン開催!

ブロックテックステンカラーコートを着てみた感想レビュー【真冬でも大丈夫?】

どうもネムです。この記事では

  • ユニクロのブロックテックステンカラーコート をワンシーズン着たレビュー
  • 真冬でも着ていて大丈夫か?

などについて書いていきたいと思います。

ブロックテックステンカラーコートを着てみた率直な感想

ボクが、ブロックテックステンカラーコートを購入した経緯は、たまたまセールで安くなっていたからです。もちろんコートを探していたというのもありますが、一番はその安さ。

確か価格は6,000円だったと思います。

 

軽くていい

普通のコートの弱点として、重さがあります。重すぎて身動きが取りにくくてじれったくなることが何度あったことか。

コートを着たまま運転するのも一苦労です。

 

でも、ブロックテックステンカラーコートは材質が軽いので来ているので身動きが取りやすいです。あと生地が薄手なのも軽い理由の一つだと思われます。

 

多少雨にも耐える

ブロックテックステンカラーコートには撥水加工がされているので多少の小雨であればしのぐことができます。

また、樹脂加工が採用されているため、コートに縫い目がなく隙間から水が入ってくることもありません。

 

風を通さない

生地は薄くなっていますが、風を通しません。また、縫い目がないことも相まって保温性は抜群です。

11月に、重ね着したら汗ばんでくるくらいです。

 

シワができにくい&汚れにくい

生地の性質上、シワができにくいので非常に管理が楽です。適当にたたんでまた着てもシワはありませんでした。ズボラなボクにはありがたい。

 

また、生地がさらさらしているので汚れが付着しにくいのもいいところ。

コーヒーをこぼしてしまったことがありますが、撥水加工のおかげで助かりました。

 

首元がチクチクしない

毛のコートって、首元に毛が当たってチクチクするんですよね。ボクは嫌いです。

でもブロックテックステンカラーコートは、サラサラの生地なので襟を立ててきても首元がチクチクしません。

 

ブロックテックステンカラーコートの良くないところ

といいことづくめのように見えるブロックテックステンカラーコートですが、弱点もあります。

寿命は3年

これはユニクロ公式が言明していることなので、確かなことなのですがブロックテックステンカラーコートの寿命は3年となっているようです。

 

  • ユニクロ公式より: 約3年で劣化(剥離・べたつき)します

 

マジですか。そんなこと知らず買ってしまった。

樹脂加工の点で、接着剤で生地をくっつけている部分があるので、そこの部分が日数と共に弱りはがれてしまうことがあるようです。

現時点では、そういった現象はみられていませんがちょっと心配です。

 

サイズが大きめ

ユニクロのほかの服のサイズと比べるとブロックテックステンカラーコートは、サイズが大き目な気がします。

ボクは普段ユニクロではLサイズですが、ブロックテックステンカラーコートはMサイズです。

Lを着ると完全に袖が長すぎて手が出てきません。

 

あと、丈も長めなのでトイレが大変です。

足元まで風を防いでくれるので暖かさという点においては優れています。

 

 

お値段が高い

ブロックテックステンカラーコートの定価は9,900円。

コートとしては安い部類かもしれませんが、それでもユニクロで買うとなると一つの服に1万円出すのはちょっと勇気がいります。

また、3年で寿命を迎えることを考えると、これまた考え物です。。。

 

ただ、ブロックテックステンカラーコートは人気がないのかシーズン終わりに格安セールされてかなり値段が落ちるのでそれを狙って買うのはありだと思います。

ボクが知っている中での最安は3990円です。

 

ブロックテックステンカラーコートは真冬に来ても大丈夫?

ブロックテックステンカラーコートはスプリングシーズンや多少の寒さなら全く問題なく着ることができますが、真冬級の寒さになるとちょっと心元なくなってきます。

風は通さないのでいいですが、そもそも気温が寒いので暖かくない。

といってもこれを解決する方法もあるので紹介したいと思います。

 

ブロックテックステンカラーコートを暖かく着るための裏技

「ブロックテックステンカラーコート×ウルトラライトダウン」

この組み合わせは最強です。

 

ブロックテックステンカラーコートで風を通さず、ウルトラライトダウンで保温してあげればほかのコートなんて着られなくなります。

(ボクが住んでいる地域は、0度を下回ることはほぼないので、これより下の気温になる地域で通用するかは不明です。)

 

ボクはさらに、超極暖ヒートテックを着ているので寒さに関して今のところ困っていません。

しいて言うならば顔が寒いことぐらいですかね。

 

ウルトラライトダウンはどれを着ればいい?

ウルトラライトダウンは種類がいくつか出ていますが、ブロックテックステンカラーコートの下に着るならどのタイプでもいいのではないかと思います。

ボクは、通常タイプのライトダウン(5,990円のやつ)の襟を折って、中に来ています。

 

襟元を隠すのが面倒だという場合は、襟なしやチョッキタイプのウルトラライトダウンを買われるのがよいかと思います。

 

ブロックテックステンカラーコートの特徴

・お客様の声にお応えして、質感のあるプラスティックボタンに変更。
・コットンライクな素材なので、オンでもオフでも使える。
・ジャケットの上からでもラクに着られる、たっぷりとしたボリュームシルエット。
・生地表面に撥水剤を固着させているため、雨などの水を弾く撥水効果が長持ち。

ユニクロ公式より

 

確かに、ビジネスでも普段どちらも使うことができるデザインなので着やすさは抜群です。

ボク自身ほかのコートも所持してはいますが、今シーズンは、まだブロックテックステンカラーコートしか着ていません。

 

ブロックテックステンカラーコートの価格について

『お値段が高い』のところでも書きましたが、念のためもう一度。

ブロックテックステンカラーコートの定価は9,900円。税込みになると1万円を超えます。

 

そして、通常のセール時には8,990円になります。

ユニクロの商品の中では高級品の部類です。

 

でも、シーズンをずらして買えば4,000円~6,000円で買うことができるようになります。

実際ボクが購入したときは、2月下旬くらいでした。

さらに3,4月になると4,000円近くになっていました。(6,000円で買った後だったので、少し泣きました)

 

メルカリで買うのもありかも

といっても、シーズン中に買いたい人にとって、安くなるのを待っているのは難しいので、すぐに手に入れたい人はメルカリで買うのがいいかと思います。

ボクが確認したときは、そこそこの新品ブロックテックステンカラーコートが数出品されていましたので。

メルカリでブロックテックコートを確認してみる

 

まとめ

ということで、今回は、実際にボクがブロックテックステンカラーコートを着てみて感じた良いところ・悪いところについてでした。

ブロックテックステンカラーコートは真冬の寒さに耐えるにはちょっと物足りない感じなので、寒さ対策のためにブロックテックステンカラーコートを買うのはおすすめしません。

ただ、中にヒートテックやダウンを着れば問題ありませんので参考までに。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございましたm(__)m

 

ユニクロ感動パンツは冬に履いても寒くないのか!?実体験を元にレビューしてみた。 ユニクロ ブロックテックパーカーをワンシーズン着てみたのでレビューしてみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。