Amazonブラックフライデーで超お得に商品を買う方法!

【おすすめ固定ローラー10選】初心者から上級者までトレーニングに合った固定ローラーを紹介!

https://www.shino05.com/wp-content/uploads/2019/09/IMG-00012.jpg

どうもネムです。

ロードバイクのトレーニングに欠かせない固定ローラー。

でも最近は多種多様な固定ローラーが発売されていて、その中から自分に合った固定ローラーを選ぶのはなかなか大変。

 

ということで今回は、おすすめの固定ローラーを紹介していきたいと思います。

固定ローラーと3本ローラーの違い

固定ローラーと3本ローラーの違いは名前にもある通り、ローラーを固定しているかいないかです。

固定ローラーは、固定することによって安定性があるため安心してトレーニングができます。逆に3本ローラーは固定されてないので慣れるまでは不安定です。ただ3本ローラーに慣れるころには体幹が安定してるので、体幹を鍛えたい人は3本ローラーがおすすめ。

 

あと大きな違いといえば、トレーニングの際の負荷。3本ローラーは一定負荷ですが、固定ローラーは負荷を変えることができ、高負荷でのトレーニングも可能になります。パワートレーニングやヒルクライムとかの練習をしたいなら固定ローラーはもってこいです。

 

後悔しない固定ローラーの選び方

固定ローラーって意外と高いので、購入際は自分のトレーニングにあった固定ローラーを選んで購入するのが大切。

 

最近の固定ローラーっていろんな種類があるので、やりたいトレーニングによってはできないこともあるのでその辺は注意して選んでください。誤って購入しても返品が大変なので。

知っておきたい点として、固定ローラーの種類と特徴です。種類は全部で4種類になります。

  • タイヤドライブ式
  • リムドライブ式
  • フロント固定式
  • ダイレクトドライブ式

タイヤドライブ式

一番よく見かけるタイプの固定ローラーです。後輪を固定して、タイヤに負荷をかけることでトレーニングができます。

メリットとしては、比較的安価に手に入れることができる点と折りたたみが可能なのでスペースを取らないこと。

デメリットは、音がやたらうるさいのとタイヤのカスが出ることです。音がうるさいので集合住宅などでの使用はおすすめしません。

 

リムドライブ式

見た目は、タイヤドライブ式の固定ローラーと似ていますが、構造的には負荷をかける部分がタイヤではなくリムになっています。

そのためタイヤの減りを気にすることなくトレーニングできます。また、MTBなどのタイヤに凹凸があるタイプのバイクでもトレーニング可能です。

弱点としては、そもそもリムドライブ式の固定ローラーの種類が少ないのであまり選べないこと、音がうるさいということ、ベルトで負荷をかけているので切れたら交換する必要があります。

 

フロント固定式

正式の名称がわからないのでフロント固定式とさせてもらいます。

フロントフォークを固定することで、フレームへのダメージを減らすことができます。また、ダンシング時にバイクを振ることができるのでよりリアルなトレーニングができます。

ただ、現状出ているモデルでは高負荷をかけることができないので、より高い負荷をかけてトレーニングをしたい人には向いてません。

 

ダイレクトドライブ式

後輪を外して、そのままフレームをローラーに取り付けるタイプの固定ローラーです。

ダイレクトドライブ式の良いところとしては、タイヤのカスが出ない、高負荷をかけることができる、音がとても静か。といったメリットがあります。

ただ、お値段が高かったり、重い、スペースを取る、いちいち後輪を外すのが面倒。というデメリットもあります。あと、スプロケットは基本的に付属していないので、追加で購入する必要があります。

 

おすすめの固定ローラー10選!

評価やレビューなどを参考におすすめできる固定ローラーを10個紹介したいと思います。

注意
順番は種類順になっていて、おすすめ順に並んでいるわけではありません。

1.ミノウラ B60-R

18,134円

ミノウラのタイヤドライブ式の固定ローラー。

ミノウラの固定ローラーのラインナップでは一番価格が安く手に入れやすいモデルです。ただし、ハブ調整機能がついてないのでピストバイクには使えません。最大負荷が少ないので、ガチガチのトレーニングをしてい人には向いてません。

女性や初めて固定ローラーを使いたい人におすすめです。

負荷調整機能 リモコン式7段階
最大負荷 377 w
折り畳み
適正ホイール 24″ – 700 x 45c
サイズ
(横×長さ×高さ)
610㎜×420㎜×400㎜
ZWIFT(ズイフト)
重量 6.2kg

2.ミノウラ LR341

29,150円

同じくミノウラの固定ローラーです。値段が高くなりますが、Ride B60-Rよりも高い負荷をかけることができるので高負荷トレーニングをしたい人におすすすめ。

見た目ほど重くないので、大会イベントなどにも持ち込んだりすることができます。

負荷調整機能 リモコン式7段階
最大負荷 472 w
折り畳み
適正ホイール 602 ~ 714 mm
サイズ
(横×長さ×高さ)
610㎜×420㎜×400㎜
ZWIFT(ズイフト)
重量 6.2kg

3.MINOURA RDA2429-R

36,080

負荷調整機能 リモコン式7段階
最大負荷 365 w
折り畳み
適正ホイール 24〜29インチ/700C
サイズ
(横×長さ×高さ)
650㎜×510㎜×410㎜
ZWIFT(ズイフト) ×
重量 7.8kg

MINOURA(ミノウラ) RDA2429-Rはリムドライブ式の固定ローラーです。ディスクブレーキリムにも対応しています。

折りたたみも可能なので収納スペースにも困りません。

ただし調整が面倒だったり、ズイフトも非対応だったりします。

4.DEUTER 固定ローラー

9,990円

DEUTERから販売されている激安固定ローラー。

価格の割には、負荷の調整も6段階式になっていてお手頃価格な固定ローラーです。

ただし、負荷リモコンはハンドルには装着できません。あと最大負荷がどこにも記載されていないので高負荷トレーニングをしたいという人にはおすすめしません。ズイフト非対応です。

とりあえずお試しで固定ローラーに乗りたいというのであればおすすめの固定ローラーになります。

負荷調整機能 リモコン式6 段階
最大負荷 不明
折り畳み
適正ホイール 602 ~ 714 mmv
サイズ
(横×縦×高さ)
545㎜×430㎜×400㎜
ZWIFT(ズイフト) ×
重量 6.2kg

5.ELITE QUBO デジタルスマート

52,200円

エリートが販売するタイヤドライブ式固定ローラー。

自動で抵抗値が変化するマグネット抵抗ユニットが搭載されているため自動で負荷が調整されます。最大負荷も1,600wとタイヤドライブ式の中ではかなり高めになっています。

お値段高めですが、ショップによっては3万円前後で購入することも可能です。

負荷調整機能 自動調整
最大負荷 1,600w
折り畳み
適正ホイール 20~29インチ/700C
サイズ
(横×縦×高さ)
545㎜×430㎜×400㎜
ZWIFT(ズイフト)
重量 6.2kg

6.ミノウラFG220ハイブリッドローラー

42,460円

ミノウラが販売するフォークを固定するタイプの固定ローラーです。音も比較的静かなのでアパートなどでも使用することができる固定ローラーです。

負荷はあまりかけることができないので、高負荷トレーニングには向いてません。

折りたたみ可能なため、収納場所にも困らないので便利です。専用バックがついていて、持ち運びも楽なので大会前のアップにも使えます。

負荷調整機能 2段階
最大負荷 不明
折り畳み
適正ホイール 26〜29インチ/700C
サイズ
(横×長さ×高さ)
790㎜×1470㎜×450㎜
ZWIFT(ズイフト)
重量 6.1kg

7.グロータック GT-Roller F3.2

76,780

グロータック社が販売するフロントフォーク固定式の固定ローラー。

こちらも静かで好評の固定ローラーです。ミノウラと比べると負荷の調整幅が大きく、高めの負荷もかけることができます。若干サイズが大きく折りたみもミノウラ程小さくできないので持ち運びは不便です。

ただ、全体的な機能面においてはミノウラを上回ります。自宅でガチでトレーニングしたいならおすすめです。

負荷調整機能 11段階
最大負荷 不明
折り畳み
適正ホイール 700C
サイズ
(横×長さ×高さ)
900㎜×1155㎜×435㎜
ZWIFT(ズイフト)
重量 9.5kg

8.ELITE KURA

110,176

エリートが販売汁ダイレクトドライブ固定ローラー。

ダイレクトドライブ式としては比較的安く販売されているモデルです。若干スペックが不明な点もありますが、とりあえず高負荷で静かにローラーを回したいというのならありです。

自動調整機能がついていないので、リアルなトレーニング・ズイフトと連動してトレーニングをしたい人には向いてません。

負荷調整機能 ×
最大負荷 不明
折り畳み
適正ホイール 29インチ/700c
サイズ
(横×長さ×高さ)
560㎜×710㎜×520㎜
ZWIFT(ズイフト)
重量 約22kg

9.WAHOO キッカーコア スマートバイクトレーナー

124,300円

WAHOOが販売するダイレクトドライブ式固定ローラー。

自動調整機能がついていながら10万円前半で購入できるコスパがいい固定ローラーです。

持ち手がなくて運ぶのが大変なので難点ですが、それ以外は文句なしのダイレクトドライブ式固定ローラーになります。

負荷調整機能 自動調整
最大負荷 1,800w
折り畳み
適正ホイール 24~29インチ/650c、700c
サイズ
(横×長さ×高さ)
750㎜×650㎜×430㎜
ZWIFT(ズイフト)
重量 18kg

10.Tacx Neo Smart インタラクティブトレーナー

209,000

タックスのダイレクトドライブ式固定ローラー。

自動負荷機能が付いているのでズイフトと連携すると坂道などで負荷が自動的に変わります。まさに家の中にいても、外で走っている気分。

エアロ形状のフレームはチェーンステーが干渉して取り付けできないのでご注意を。それ以外はすべて高機能なので本気でトレーニングしたいならおすすめです。

負荷調整機能 自動調整
最大負荷 2,200w
折り畳み
適正ホイール
サイズ
(横×長さ×高さ)
750㎜×650㎜×430㎜
ZWIFT(ズイフト)
重量 21.5kg

トレーニング用途に合わせたおすすめ固定ローラー

https://www.shino05.com/wp-content/uploads/2019/09/IMG-00012.jpg

ここからはトレーニング内容や環境に合わせたおすすめの固定ローラーをご紹介!

とりあえず固定ローラーを使いたいならこれ!

DEUTER 固定ローラー

とりあえず、固定ローラーを使ってみたい。軽く運動ができればいい。というのであれば、DEUTER 固定ローラーがおすすめ。

ある程度の負荷もかかり、最低限の機能はあるので問題なく使うことができます。1万円以下で買えるコスパ最強ローラーです。

ズイフトを最大限楽しみたいならこの固定ローラー!

Tacx Neo Smart インタラクティブトレーナー

ズイフトを最大限楽しみたいと考えているなら、Tacx Neo Smart インタラクティブトレーナーがおすすめ。

お値段は張りますが、その分高性能な固定ローラーとなっています。最大負荷は2200w。坂道にすると25%と最強クラスです。

自動付加機能が付いているため、ズイフトで坂道ゾーンに入ったら自動的に坂道と同じ負荷がかかります。パワー表示もされるため効率的なパワートレーニングが可能です。

Tacx Neo Smartの評価
静穏
(5.0)
負荷
(5.0)
ズイフト
(5.0)
総合評価
(5.0)

フレームへのダメージが少ない固定ローラーはこれ

固定ローラーで気になるのはフレームへのダメージ。そのダメージをできるだけ抑えながらトレーニングできる固定ローラーはこれです。

グロータック GT-Roller F3.2

グロータック GT-Roller F3.2は、フレームへのダメージを最小限に抑えることができるよう、固定されているフロントフォーク部分が前後左右に動くようになっています。前後左右に動くのでダンシングでもがくことも可能です。

音もかなり抑えられていて、チェーンノイズの方がうるさいくらい。アパートなどで使っても問題はなさそうです。

負荷調整もバイクに乗りながら行うことができます。プロの選手も実際に使っている固定ローラーなので信頼も高いです。

 

グロータック GT-Roller F3.2の評価
静穏
(4.5)
負荷
(4.0)
衝撃
(4.0)
総合評価
(4.5)

 

できるだけ静かな固定ローラーはこれ!

アパートなどでローラーを回す際に気になるのが”騒音”

ということで、できるだけ音を抑えてトレーニングができるおすすめの固定ローラーをご紹介。

wahooキックコア

静かに高負荷トレーニングしたいならwhooキックコアはもってこい。

最大負荷1800wと文句なしの負荷。また音も静かなので周りに気にすることなくトレーニングが可能です。

ダイレクト式の割には価格が安くて評価もいいのでおすすめです。

wahooキックコアの評価
静音
(5.0)
負荷
(4.5)
価格
(3.0)
総合評価
(4.0)

グロータック GT-Roller F3.2

 

ダイレクト式固定ローラーには負けるものの、負荷の変化を付けてトレーニングが可能です。また静音性にも優れていて、アパートなどでもトレーニングが可能です。

ダイレクト式よりも安価なので、できるだけ出費を抑えつつ静かな固定ローラーを探しているならおすすめです。

グロータック GT-Roller F3.2の評価
静音
(5.0)
負荷
(3.5)
価格
(4.0)
総合評価
(4.5)

お手軽で高性能な固定ローラーはこれ

ミノウラ B60-R

手軽に固定ローラーを使っみたい、けど後々のことも考えてそこそこの機能も欲しいかも。という人にはミノウラB60-Rがおすすめ。

お値段抑えめで、本格的なトレーニングが可能です。折りたたみなので置き場所スペースにも困りません。

ミノウラ B60-Rの評価
静音
(2.0)
負荷
(3.5)
価格
(5.0)
総合評価
(4.0)

固定ローラーと一緒にあると便利なもの

  • マット
  • 専用タイヤ
  • スプロケット
  • 扇風機

マット

固定ローラーの下に敷いてあげることで、床の傷を防げます。あと、若干の防音効果も期待できます。

安いものであれば1,500円~で手に入れることができるので固定ローラーと一緒に購入しておくのがおすすめです。

専用タイヤ

タイヤドライブ式の固定ローラーを使うと必ず、タイヤのカスがでます。

なので、固定ローラー専用のタイヤはほぼ必須。専用タイヤにするだけで、カスはほぼなくなり、音も静かになります。

余裕があるならホイールも一緒に買ってしまうとタイヤ交換する手間がなくなりトレーニングに集中できます。

スプロケット

ダイレクト式固定ローラーを購入するならスプロケットも一緒に買っておくと、いちいち取り外しする必要がないので楽です。

扇風機

室内で固定ローラーを回していると汗のしたたりが半端ないです。冬でもお構いなしで汗の水たまりができます。

扇風機は必須です。

 

大体こんな感じです。

 

ということで今回はこの辺で。

最後まで読んでいただきありがとうございましたm(__)m

 

↑おすすめ固定ローラー10選に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。