Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ポケットWi-Fiのおすすめこれ!価格が安くお得なサービスはどれ?

 

 

ポケットWi-Fiってなに?

インターネットの接続には固定の回線を契約、開設してインターネットに接続する有線接続と、回線の開設なしでも接続できる無線の接続方法があります。

 

ポケットWiFiは、無線でのインターネット接続を使用可能な小型の機器のことを指します。
WiFiルーター、モバイルルーターと呼ぶ方が通りがいいかもしれませんね。

 

スマートフォンやタブレット、携帯ゲーム機を簡単な設定でインターネット接続できるようにしてくれます。

何を使うのにしてもファームウェアやデータの更新が必要になります。

対応機器やアプリの利用をより便利にしてくれる道具と言えるでしょう。

 

工事が不要、外出先でもネット接続可能など魅力も満載ですが、各会社ごとにサービスの内容は大きく異なります。

 

各会社ごとの提供サービス無いようを確認してみましょう。

 

おすすめのポケットWi-Fiサービスを比較

UQWiMAX

 

こちらのサービスはWiFiによるインターネット接続サービスを単独でも申し込みできますが、auのスマートフォン、携帯電話を利用している場合は料金が1000円割引というサービスが受けられます。

auの端末を利用している人にはよりお得で快適なモバイルネット環境を手に入れることが可能になっています。

 

接続容量に関しての制限は3日間10GBで速度制限が入ります。
その時の制限速はは1Mbpsとなっていて、通常の動画の閲覧には差し支えないでしょう。

 

サイトからの加入申し込みで、使用料金の割引サービス。
キャッシュカード支払いでの初期費用無料。

 

指定機種の契約で本体料金の負担無しで、期間固定の契約での使用料金の割引サービスが受けられます。

 

注意点は、契約プランによって利用できる機種が変わる部分ですが接続について差し支えることはないでしょう。

 

『UQWiMax 料金』

基本料金 月4880円 3年契約割引サービスにより月4380円
速度制限 3日間10GB 1mbps

 

UQ mobile

 

au

 

auのキャリア本社のサービスです。

各所のauWiFiサービススポットでの高速接続が利用可能になるなど携帯端末をメインに接続するのであれば便利な恩恵を受けることが可能です。

 

888Mbpsという主流の速度のおよそ6倍速という超高速回線がWiFiスポットでは利用できます!

 

スマートフォンのプランは、1ヶ月の使用量が20GB、30GB。
通信速度制限時の速度は128kbpsになりますが、チャージカードの購入で必要分の容量を気軽に追加できます。

 

WiFiサービススポットでの接続の場合は、スマホ本体の接続速度制限が掛かっていても影響を受けずにネット接続が可能です。

 

また家庭ではHOME SPOT CUBE2の購入、設置をすることでWiFiの回線が利用可能になります。

 

CUBEの利用料金は掛かりませんが、パソコンや他のWiFi機器での利用にWi2 300 for auマルチデバイスサービスへの申込みが必要になります。こちらはauのIDが必要になるため、実質auユーザー向けのサービスと言ってもいいでしょう。

更にブロードバンド回線の契約が必要になります。

 

どこでもWiFiの接続を利用したいのであればUQWiMaxとの提携プランが簡単でしょう。

 

『スマートフォンの場合』
スポットに対応した機種があれば外出先でのauWiFiスポットに接続可能。

 

『Wi2 300 for auマルチデバイスサービス 料金』

auピタットプラン、auフラットプラン、LTEフラットプラン 無料
上記以外のプラン 300円
備考 HOME SPOT CUBE2でのWiFiの利用にはAuひかりなどを含むブロードバンド回線契約が必要

 

 

ヤフーモバイル

ヤフーモバイルことY!mobileの通信サービスは、小型のルーター、PocketWiFiを契約することで利用できます。

 

速度は上り37.5Mbps、下り112.5Mbpsです。
容量制限を越えた時は128kbpsに制限されます。

 

下記の各料金プランがあります。

 

プランは機種によって契約可能なものが変わりますので、同じ価格でも違うプランに設定される場合があります。
契約時にどのプランになるのかよく確認しましょう。

 

また、パソコンやタブレットの同時購入で契約可能な、バリュープランがあります。

WiFiのみの利用と、同時購入での異なるプランが選択できます。

 

『ヤフーモバイルWiFi 料金』

プラン2 月7GB 3696円
プラン2ライト 月5GB 2480円
データプランS 月1GB 1980円
データプランL 月7GB 3696円
速度制限 128kbps

 

・ヤフーWiFiでの契約
https://wifi.yahoo.co.jp/

 

こちらはヤフーモバイルの公式サイトとは別なページになりますので、同じ機種のWiFiでも注意してくださいね。

 

お手軽プランはヤフープレミアム会員であれば2480円で7GBのプランが利用できます。
通常会員の場合は3696円の料金となります。

 

基本料金に648円を上乗せしたアドバンスモードは容量に制限がなく4Gでの快適なネット接続を楽しむことができます。
契約後3ヶ月はアドバンスモードの付加料金が無料で利用ができます。

 

上り37.5Mbps、下り112.5Mbps、速度制限は3日間10GBの接続となります。
制限時の速度は1Mbpsです。
エリアによって更に高速で利用できる環境もあります。

YahooIDを持っていると簡単に申し込みが可能です。

同じヤフーのWiFi接続サービスでも、YmobileとヤフーWiFiでネット受付の窓口が異なるので注意しましょう。

 

『ヤフーWiFiプラン 料金』
3年契約たっぷりプラン 月7GB 3696円
アドバンスモード 月648円 たっぷりプランとの契約で容量制限なし
お手軽プラン 月2480円(プレミアム会員の場合) 通常3969円
速度制限 アドバンスモード制限なし/通常7GBで128kbps

 

 

 

ソフトバンク

3キャリアの一つ、ソフトバンクで提供されているSoftBankAirがサービス名です。
こちらは他社のWiFiカードと違ってコンセントに接続した状態で使用します。
コンセントが無ければ利用出来ないため自宅での接続環境になります。

 

ソフトバンクの携帯電話の利用時のおうち割光セット
ワイモバイルの携帯を利用時に契約可能なお家光セットA

上記の複数の回線利用向けのサービスもあります。

 

単独での利用は月々3800円からで、データ容量の制限はありません
モバイル環境での動画閲覧やゲームも快適に、容量を気にせずに利用可能なサービスです。

 

『SoftBankAir 料金』

基本料金 月3800円
速度制限 なし
備考 コンセント環境のみ

 

 

 

docomo

スマートフォンや、WiFiルーターを契約している場合、docomoのWiFiスポットを利用できます。
月額300円で、パソコン、タブレットからの利用も可能になり、スポットが近くにある場合は非常に手軽に利用できます。

 

NTTdocomo提供のWiFiサービスは、携帯利用者とモバイル接続プランが用意されています。

 

データ接続プランは

基本料金+ネット接続+データパックプラン

で算出されます。

 

『docomoWiFiデータ接続プラン 料金』

基本料金 月1200円 2年間契約なし月2700円
インターネット接続サービス料金 月200円

 

『パケットパックプラン 料金』

1GB 月2900円
3GB 月4000円
5GB 月5000円
20GB 月7000円
速度制限 128kbps

 

上記がWiFiの接続料金になります。
データパックプランによって大きく容量・料金が変化します。

 

 

 

ポケットWi-Fiのメリット

WiFiのルーターを使用するメリットは、やはり小型端末ならではの扱いやすさです。
回線の開設工事が不要で、届いたらすぐに使用が始められる手軽さは魅力です。

 

回線の契約の初期費用そのものはサービスによっては必要になる場合もあるのですが、工事業者が入ることもなく利用の開始が出来る点はポケットWiFi環境ならではです。

 

スポットの設置箇所を選ぶことなく、スマートフォンやタブレットの快適な利用を助けてくれます。

 

娯楽だけでなく、引っ越しが多く常に移動しての仕事が多い人にも向いているインターネット環境がポケットWiFiによる接続環境といえます。

住所変更の手続も各サービス会社のマイページから手軽にできます。

 

 

 

ポケットWi-Fiのデメリット

モバイルのWiFi環境のデメリットは、まず第一には、サービスのエリア範囲外では接続できません。
携帯電話でも一緒なのですが、使えない場所も時には存在します。
分厚い壁、強い電波がある場所など通常では使える場所でも時には使えなくなることもあります。

 

速度の安定性は有線より下がり、同じ回線の容量なら有線の方が安定してデータの取得ができます。

 

休日等でインターネットの接続量が増えると回線の混雑で普段アクセス出来るサイトへのアクセスが困難になる場合も出てきます。
夏休み、冬休み、年末年始など行楽シーズンに多くなります。

 

外出先で利用している時にバッテリーが切れてしまっても使えなくなりますから、外出先での利用を考えているときは充電用の携帯バッテリー、車載の電源機器を持ち歩くようにしておくと安心です。
若干高価なものにはなりますが、機種専用のバッテリーを買っておくのも良いと思います。

 

 

ポケットWi-Fiの選び方

ポケットWiFiを選ぶのに大切なのは、やはり快適なインターネットの利用が出来るかどうかが一番大切です。

 

  • 契約容量を過ぎた時の速度の制限がどの程度なのか。
  • 自分の行動範囲での利用が可能か。
  • 持ち運べる機種かそうでないか。

 

上記の条件を絞っていくと快適なWiFiの接続環境が得られると思います。

 

いくら安くても、明らかに容量不足のプランだとイライラが募るのみですし、料金が高いから沢山の容量でネットが楽しめるとは限りません。

 

率直に、128kbpsがどんな速度かというと1MBのファイルのダウンロードに10分ぐらいかかることさえあります。

 

画像つきのブログはまともに見られないと考えて良いです。
出来る限り制限の影響が少ないサービスを選ぶようにしましょう。

 

外出先でのネットを楽しむなら、携行性があるものを選ぶ必要があります。
ソフトバンクのSoftBankAirと、auのHOME SPOT CUBE2には携行性がありませんので特に注意しておきたいところです。

 

何よりもどんなに魅力的なサービスでもサービスの範囲外だったら使うことも出来ません。

 

契約前に、自宅を含めたよく出かける場所などがサービスエリアなのかを確認しておきましょう。
現状はほとんどエリアについては心配はありませんが電波の強弱は見られますので、サービスセンターの店舗などでレンタル機種があれば一度電波を確認しておくといいですね。

 

 

おすすめのポケットWi-Fiはこれだ!

月々の利用料金、速度制限、携行性の全てを兼ね備えたポケットWiFiのサービスは

現状ではUQWiMaxが頭2つぐらい抜けているのではないでしょうか。

 

UQWiMaxにも速度の制限はあるのですが、Youtubeの動画閲覧にはほとんど差し支えない速度でのネット利用が可能なため、制限の影響を感じることもなく、ネット接続にその後の追加料金の発生もありません。

 

実際に、WiFiサービスの利用料金に対して携帯電話会社の容量は非常に少なく感じますので、通信サービスだけはWiMaxに切り替えた方がお得に利用できます。

 

今回取り上げた中で一番お勧めするポケットWiFiサービスはUQWimaxとなります。
特にauを契約している方はもっとお得に利用できます。

 

速度制限と接続容量にお悩みであれば乗り換えサービスもありますのでチェックしてみてくださいね。

 

 

ポケットWi-Fiと光回線を比較!

 

ポケットWiFiでできること

第一にWiFiルーターを持ち歩くことでどこでも自分が契約した回線を利用することが出来ます。

 

1台で複数の回線の接続が出来るため、固定回線の上を行く機能と言えます。
複数の回線の接続時は一度に取得できる容量が下がりますが、家族での利用も可能です。

 

外出先でのインターネット接続が快適にできるのでゲームや動画を見ることはもちろん、仕事のデータの編集も可能です。

交通機関による移動時間を効率的に使うことにも向いています。

 

光回線でできること

 

光回線は自宅で利用する固定回線になります。

外出先では利用はできなくなってしまいますが、WiFiでは荷が重たいコンテンツの利用が快適になります。

 

大容量のデータをWiFiよりも簡単にやり取りできて、回線も安定性が高くなるので高画質の動画サイトの利用も快適です。

 

テレビのデータ放送のインターネット接続が必要なコンテンツを接続するためにも光回線は欠かせない環境です。

動画の配信サービス、テレビのデジタルコンテンツを家庭でフル活用したい人に向いている環境です。

 

 

ポケットWi-Fiとキャリア通信どちらがお得?

WiFi接続を条件にした結果は一目瞭然ではないでしょうか。

携帯電話会社の多くのサービスが制限速度が掛かると一気に128kbsという、古いPHS時代の環境並みの速度しか出ないため、制限が掛かると画像を交えたブログサイトの閲覧も困難になるほどです。

 

キャリア通信は制限が非常に厳しい上にデータパックの料金もかなり割高です。
ポケットWiFiによる接続を見るとUQWiMaxのサービスは制限が有っても動画の閲覧にほぼ差し支えない速度かつ、通信専門サービスならではで追加料金にも変化がないところが強みになります。

 

ネットをほとんど使わない場合は、キャリア通信での一番安いプランを選択したほうが安くなりますのでそのまま携帯電話会社でのプランを設定しておくのをおすすめします。

 

ネットをよく使うなら、専門のWiFi通信サービス。
使わないならキャリアの用途で自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。