【M1】iMacとMacBook Air買うならどっち?メリット・デメリットなどを比較してみた。【おすすめ】

 

ネム

どうもネムです。

今回は、iMac M1とMacBook Air M1買うならどっちがおすすめか?メリット・デメリットなどを比較していきたいと思います。

 

iMac M1とMacBook Air M1 比較表

  Air iMac
プロセッサー M1
8コア
M1
8コア
メモリ 8GB/16GB 8GB/16GB
ファン なし あり?
ディスプレイ 13.3インチ
Retina HDディスプレイ
2,560 x 1,600ピクセル
24インチ
4.5K Retinaディスプレイ
4,480 x 2,520ピクセル
本体サイズ 0.41~1.61 cm×30.41cm×21.24cm
(厚さ×幅×奥行き)
46.1cm×54.7cm×14.7cm
カメラ 720p FaceTime HDカメラ M1画像信号プロセッサと連係する1080p
FaceTime HDカメラ
認証セキュリティ TouchID ロックキー付きMagic Keyboard
(オプション)
バッテリー 最大18時間
重量 1.29kg 4.46kg
カラー シルバー/ゴールド/グレー ブルー/グリーン/ピンク/シルバー
容量 256GB/512GB/1TB/2TB 256GB/512GB/1TB
価格(税別) 115,280円(税別)〜 154,800円(税別)〜

結論:どちらか1台買うならiMacとMacBook Airどっち?

まずは結論から。

今1台もMacを持っていない状態であるなら、MacBook Airをおすすめします。

 

理由は以下の通り。

  • 持ち運びが自由にできる
  • 軽い
  • バッテリー持ちがいい
  • 安い

iMacの大きな画面は魅力的ですが、iMacにしてしまうと別の場所で作業することが困難に。対してMacBook Airを選んでおけば家の中でも外でもどこでも作業が可能になります。

人にもよると思いますが、同じ場所で作業し続けると自然とストレスが溜まってきます。でもMacBook Airなら簡単に持ち運びできるので作業環境を手軽に変えることができるというわけです。

 

ちなみに、MacBook Airのバッテリー持ちは最大18時間。M1チップのおかげで以前のモデルより大幅にバッテリー持ちが良くなっています。なので外で作業していても安心感があるというレビューを多数見かけるので、外で使っていて電池が切れてしまう心配はあまりしなくていいと思います。

 

動画編集を考えているならiMacもあり

動画編集をメインに考えているなら据え置き型のiMacを思い切って買ってしまってもいいかと思います。

動画編集をするにあたってディスプレイは大きければ大きいほどストレスなくすることができると思います。

 

ちなみに、処理性能はMacBook AirもiMacもほぼ同じです。

 

MacBook Proという選択肢

ガッツリ動画編集もする予定で、外でも作業したいならMacBook Proを買うのもアリかと思います。

MacBookPro M1とMacBookAir M1 買うならどっち? 処理性能・価格・ベンチマークなどを比較してみた。

 

 

iMacとMacBook Airメリット・デメリット比較

←表はスクロールできます→

MacBook AiriMac
メリット・安い
・軽い
・動画編集も可能
・どこでも作業できる
・バッテリーの心配がいらない
・ディスプレイが大きいのでマルチタスクに向いてる
・カラーが豊富
・長時間重たい作業をしても大丈夫
デメリット・ディスプレイが少し小さい
・バッテリーの心配がでてくる(ただし持ちはかなり良い)
・ファンがついてないので連続して重たい作業をすると本体が熱くなる
・移動が困難
・重たい
・ディスプレイが大きいので目が疲れる

カスタマイズについて

メモリはいくつがいい?

メモリとは?
PC上の作業スペースのことです。この数字が大きければ大きいほどアプリを一度に何個も開いて同時作業したりすることができます。メモリが少ないと重たいアプリを使ったり、一度にたくさんアプリを開くと動画が重くなったり、アプリが落ちたりします。

256GBなどの数字はストレージと言って別のものです。

基本メモリは8GBですが、増設すれば16GBにできます。でもどっちを選べばいいのか?

  • 8GB:ブラウジング・ブログ執筆・レポート作成などがメイン
  • 16GB:動画編集・画像編集がメイン

大まかな目安ですが、こんな感じで選んで大丈夫です。

ちなみに8GBでも動画編集はできますが、複数アプリを開いたりすると動作が重くなったりするようなので、ストレスなく作業したいなら16GBにしておくのが無難です。

 

ストレージはいくつがいい?

ストレージとは?
PC上の記憶スペースのことです。この数字が大きければ大きいほど音楽や動画、資料などのデータをたくさん保存できます。

256GBなどの数字はストレージと言って動画や写真などを保存できるデータ量を表しています。

そして大方の人は、256GBを選んでおけば問題ありません。

足らなければ外部SSDを追加してあげれば安く済ませることができるので、多少の荷物が増えていい人はそれがおすすめ。

Apple製品はストレージを増やすと金額も爆上がりするので、ボクは基本ストレージは増やさないです。

 

ただ、外出が多くて持ち運びが面倒・SSDを持ち出すのを忘れそうというのであればApple Storeのカスタマイズで512GB以降のストレージを選択するといいと思います。

まとめ|iMac M1とMacBook Air M1買うならどっち?

  • ブラウジング・ブログ執筆・レポート作成→MacBook Air
  • 動画編集・画像編集メイン→iMac ※ただし移動が困難

こんな感じになります。

iMacはカラーバリが豊富で魅力的ですが、初めてのMacとして買うと持ち運びができなかったりして制約が多いのでその辺はご注意を。

2台目以降のMacとして買うなら全然アリかと思います。

 

MacBookを安く買う方法についてはこちら

【最大15%OFF】MacBook Air/MacBook Proを安く買う方法はこれだ!【どこで買うのがお得?】

 

iMacを安く買う方法についてはこちら

【最大16%OFF】iMacを安く買いたい!お得に買う方法とは?

 

 

 

【関連記事】今おすすめのMacBookはこれ!

【2021年9月】今おすすめのMacBookのモデルはこれ!【買うならどれ?】

 

では今回はこの辺で。