Amazonで1,000円もらえるキャンペーン開催!

MacBook Air2020とPro13どっちを買ったほうがいいの?【違いを比較】

 

ネム

どうもネムです。

今回は、MacBook AirとMacBook Pro13、どちらを買ったほうがいいのか比較しながら紹介していきたいと思います。

 

MacBook AirとProの比較表

  Air Pro13
ディスプレイ Retinaディスプレイ Retinaディスプレイ
メモリ 8GB/16GB 8GB/16GB
プロセッサー

最下位:1.1GHzデュアルコア第10世代Core i3

最大:1.2GHzクアッドコア第10世代 Core i7

最下位:1.4GHzクアッドコア第8世代Core i5

最大:2.3GHzクアッドコア第10世代Core i7

ストレージ 256GB~2TB 256GB~4TB
バッテリー 最大11時間駆動するバッテリー 最大10時間駆動するバッテリー
サイズ 高さ0.41~1.61 cm/ 幅30.41 cm/ 奥行き21.24 cm 高さ1.56 cm/ 幅30.41 cm/ 奥行き21.24 cm
重さ 1.29㎏ 1.4㎏
グラフィックス Intel Iris Plus Graphics 645 Intel Iris Plus Graphics/Intel Iris Plus Graphics 645
カラー シルバー/スペースグレー/ゴールド シルバー/スペースグレー
端子 2つのThunderbolt 3(USB-C)ポート 2つ/4つのThunderbolt 3(USB-C)ポート
価格 104,800円~ 134,800円~

軽い作業だけならMacBookAir で十分

ブログを書いたり、レポートを作ったりするためにMacBookを必要としているならMacBook Airを買えばOKです。

 

吊るしのモデル(カスタマイズなし)の最安モデルなら104,800円で手に入れることができます。

ただ、これだとCPUがCore i3と少々心もとないので、Core i5にグレードアップしておくことをおすすめします。

Core i3→Core i5なら+1万円でグレードアップできます。

 

予算があるならメモリもアップグレードがおすすめ

もし予算があるのであれば、メモリも8GBから16GBにしておくことをおすすめします。

MEMO
メモリが大きければ大きいほど、重たいアプリが開けるようになり、一度にたくさんのアプリを開くことができ、動作ももっさりせず快適に作業できるようになります。

文字を書いたりするだけなら8GBメモリでも十分ですが、将来的にほかのことをする可能性があるのであれば、16GBにアップグレードしておくことで作業の幅を広げることができます。

 

 

 

ネム

ちなみに、8GBメモリのMacBookで動画編集はできないことはないですが、ソフトを開くと動作はもっさりしていて、書き出しも遅いし、アプリが落ちることも多々あるようです。

また、複数アプリ(safariで複数タブを開き、メールアプリ、Keynoteなど)を一度開いていると8GBは使い果たしてしまいます。

 

MacBook Air おすすめのカスタマイズ

最低限:

  • 第10世代の1.1GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.5GHz)
  • 8GB 3,733MHz LPDDR4Xメモリ
  • 256GB SSDストレージ

114,800円(税別)

予算があるなら:

  • 第10世代の1.1GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.5GHz)
  • 16GB 3,733MHz LPDDR4Xメモリ
  • 256GB SSDストレージ

134,800円(税別)

 

動画編集をするならMacBookPro13

動画編集や写真編集をメインと考えているならMacBook Pro13がおすすめです。

 

MacBookAirでも動画編集はできないことはないですが、快適性を求めるなら確実にMacBook Pro13かと。

動作もスムーズで、書き出しの時間も格段に短くなるので作業効率が上がります。

 

MacBook Pro13 おすすめのカスタマイズ

MacBook Pro13は4つの吊るしモデルがありますが、下位2つは搭載されているCPUが第8世代と古くてあまりよろしくないので除外します。

最低限カスタマイズ:

  • 第10世代の2.3GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大4.1GHz)
  • 16GB 3,733MHz LPDDR4Xメモリ
  • 512GB SSDストレージ

208,800円(税別)

最低限のカスタマイズとはいえ、20万を超えるのでかなり大きな出費になります。

ただ、これだけカスタマイズしておけば動画編集もストレスなく行うことができます!

 

予算があるなら:

  • 第10世代の2.3GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大4.1GHz)
  • 16GB 3,733MHz LPDDR4Xメモリ
  • 512GB SSDストレージ

248,800円(税別)

 

予算があるなら、メモリを32GBにアップグレードしておくとさらにストレスなく作業することができます。

4Kの動画を編集したいと思っているなら32GBにアップグレードしておくとスムーズに作業できます。それ以外なら16GBで十分だと個人的には思っています。

 

ただ、16GBから32GBにアップグレードすることで4万円かかるので、予算に余裕がなければしなくてOKです。無理にアップグレードするくらいなら、そのお金でほかの機材などを買ったほうが有意義かと。

 

SSDのストレージがもっと欲しい場合

MacBookのSSDストレージを増やすとなると、256GBごとに2万円とかなりお金がかかるので、許されるなら外部ストレージを購入することおすすめします。

 

サンディスク ポータブルSSD

Amazonで持ち運びに適したポータブルSSDを調べ展見ると500GBで約1万円で手に入れることができます。

 

BUFFALO ポータブルSSD

また持ち歩きにこだわらなければ、1TBで12,000円で買えるので出費を抑えることができます。

ネム

実際ボクは、外部ストレージでやっていますが問題なく使えています。

 

MacBookをお得に買う方法

MacBookを安く買う方法はいくつかありますが、おすすめなのは以下の2つ。

  1. Appleの整備済品を買う
  2. Amazonセールでポイントバックを狙う

MacBookをお得に買う方法について詳しくはこちらの記事をどうぞ>>

MacBook Air/MacBook Proを安く買う方法はこれだ!【どこで買うのがお得?】

 

まとめ

MacBook Airがおすすめな人

  • ブログやレポート作成などをメインで行いたい人
最低限カスタマイズ 予算がある人 カスタマイズ
  • 第10世代の1.1GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ
  • 8GB 3,733MHz LPDDR4Xメモリ
  • 256GB SSDストレージ

114,800円(税別)

  • 第10世代の1.1GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ
  • 16GB 3,733MHz LPDDR4Xメモリ
  • 256GB SSDストレージ

134,800円(税別)

 

MacBook Pro13がおすすめな人

  • 動画編集など重たい作業をメインで行いたい人
最低限カスタマイズ 予算がある人 カスタマイズ
  • 第10世代の2.3GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ
  • 16GB 3,733MHz LPDDR4Xメモリ
  • 512GB SSDストレージ

208,800円(税別)

  • 第10世代の2.3GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ
  • 16GB 3,733MHz LPDDR4Xメモリ
  • 512GB SSDストレージ

248,800円(税別)

 

ネム

ちなみにボクが今、本気でMacBookを買うとしたら、ブログ執筆・画像編集・たまに動画編集という感じで使うと思うので、”MacBook Pro13の最低限カスタマイズ”を買うと思います。

 

では最後まで読んでいただきありがとうございました。

初MacBookでこれだけは買うな!【初めて買うならこれがおすすめ】