Amazonで最大20%還元でお買い物する方法とは?

【自分で使ってみた】ロードバイクにおすすめのモバイルバッテリーはこれ!【レビュー】

https://www.shino05.com/wp-content/uploads/2019/12/プロフ1.png

どうもネムです。この記事では、

実際に使ってよかったロードバイク乗りにおすすめのモバイルバッテリーを紹介していきたいと思います!

ロードバイク乗りにおすすめのモバイルバッテリー4選!

1位:Anker PowerCore 5000

まずおすすめしたいのが。Anker PowerCore 5000です。

Ankerのモバイルバッテリーは品質が良く高パフォーマンスなのが特徴ですが、Anker PowerCore 5000はそれに合わせてかなりコンパクトです。

【横×縦=10.7×3.2】

円形型のスリムなボディのおかげで、ポケットやサドルバックなどに収納するがとても楽。

マウントにつけて充電しながらライドすることも可能です。

しかも重さは133gとかなり軽量!

iPhoneを2~2.5回充電可能なので、日帰りのライドなら十分です。

IQマークも付いていて、急速充電対応のスマホなら素早く充電ができます。

値段もお安いので、ロードバイク乗り全員にとりあえず持っていてもらいたいモバイルバッテリーです。

Anker PowerCore 5000
  • 重さ:133g
  • サイズ:ジャージのポケットに余裕で入る。マウントに取り付けも可。
  • iPhoneの充電:2~2.5回
  • 急速充電対応
https://www.shino05.com/wp-content/uploads/2019/12/プロフ1.png

コンパクトかつ軽量なのでロードバイクだけじゃなくて普段使いにも便利です!

2位:Anker PowerCore 10000 Redux

保険をかけてさらに多くバッテリーをもっておきたいというあなた!そんなあなたにおすすめなのが、Anker PowerCore 10000 Reduxです。

ちょっとサイズは大きくなってしまいますが、それでも重量186gとまだまだ軽量の部類です。

【横×縦×高さ=10×5×2.4】

手に持ってみると意外とコンパクトなので、ジャージのポケットに入れておいても問題ありません。

ただし、サドルバックに入れたいならちょっと大きめのサドルバックが必要なのでそこはご注意を。

 

iPhoneなら3~4回の充電が可能です。ガーミンやGoProなどの充電を一緒にしても持て余すほどです。

Anker PowerCore 10000 Redux
  • 重さ:186g
  • サイズ:ジャージのポケットに余裕で入る
  • iPhoneの充電:3~4回
  • 急速充電対応

3位:Anker PowerCore Essential 20000

ブルべなどの超ロングライドをするなら、Anker PowerCore Essential 20000がおすすめです。

重量は341gと重くなってしまいますが、それを犠牲に超大容量の電力を手に入れることができます。

【横×縦×高さ=15.6×7.2×1.5】

さすがにジャージのポケットに入れるのはきついので、サドルバックやリュックに入れるのがおすすめです。

iPhoneなら6~8回の充電が可能です。

電源ポートが2つあるので一緒にライドに行った友人のバッテリーが切れても同時に充電ができます。

Anker PowerCore Essential 20000
  • 重さ:341g
  • サイズ:ジャージのポケットに入るが、ずれ落ちてくる。サドルバックかリュックに入れるのがおすすめ
  • iPhoneの充電:6~8回
  • 電源ポート2つ
  • 急速充電対応
https://www.shino05.com/wp-content/uploads/2019/12/プロフ1.png

ロングライド用はもちろんですが、遠征レースなどでも活躍するモバイルバッテリーです。

4位:Anker PowerCore Fusion 5000

Anker PowerCore Fusion 5000は入れようかどうか迷ったのですが、たぶん必要とする人も中に入ると思ったのでランキングに入れました。(あと自分で使っていて便利だったので)

Anker PowerCore Fusion 5000の最大のメリットは何といっても、コンセントがついていること。

電源があればどこでも無限に充電ができます。

重量も190gなので、Anker PowerCore 10000 Reduxとほぼ同じです。

【横×縦×高さ=7.2×6.7×2.9】

意外とコンパクトなので場所も取りません。

Anker PowerCore Fusion 5000
  • 重さ:190g
  • サイズ:ジャージのポケットに余裕で入る
  • iPhoneの充電:2~2.5回(コンセントがあれば無限)
  • 急速充電対応

番外編:スマホ一体型モバイルバッテリー

ボクは使ったことがないので、なんともですが世の中にはスマホケースと一体化したモバイルバッテリーがあるので、それを使えばわざわざバッテリーを持ち歩かなくて済みます。

容量はiPhone11Proモデルで1430mAhです。ちょっと心もとないですね。

 

値段は張りますが、持ち物を最小限にしたい人にはおすすめです。

おすすめモバイルバッテリーまとめ

1位 Anker PowerCore 5000 購入はコチラ
2位 Anker PowerCore 10000 Redux 購入はコチラ
3位 Anker PowerCore Essential 20000 購入はコチラ
4位 Anker PowerCore Fusion 5000 購入はコチラ
番外 iPhone Smart Battery Case 購入はコチラ

モバイルバッテリーをロードバイクに固定するホルダー・マウント

https://www.shino05.com/wp-content/uploads/2019/12/プロフ1.png

ロードバイクに充電器を装備するときの便利マウントも紹介したいと思います!

ハンドル回りにつけるならこれ!

このマウントに、ライトと同じ要領でAnker PowerCore 5000をくっつけてあげればハンドルに充電器を装備できます!

トップチューブにつけるならこれ!

トップチューブにバックをつけてあげれてそこからコードを伸ばせば充電しながらバイクに乗ることができます!

 

補足:安いモバイルバッテリーを買うのが危険な理由

Amazonをチェックしていると、必ずといっていいほど登場してくる安すぎるモバイルバッテリー。

なぜそんなに安いのか?それは、実際に記載されている容量よりも容量が少ないからです。あと品質が低いから。

その証拠として、安いモバイルバッテリーのレビューをみると低評価がたくさんあったりします。

 

 

サクラレビューに注意

でも、レビューを見ると低評価よりも高評価の方が多いし大丈夫なんじゃないの?と思う人もいると思います。

でも、実はAmazonの商品の中にはサクラレビューによっていかにも人気があるように見せている商品が多くあります。

なので、一見高評価がたくさんで人気に見えてもしっかりレビューを確認する必要があるんです。レビューを見ると☆5についで☆1が多い商品はほぼほぼサクラレビュー商品確定です。

 

サクラレビューをチェックできるツールでみるとこの有様だよね。。。

注意
もちろん中には、安くて品質が高い良いモバイルバッテリーもあるのですべてがすべて悪いわけではありません。

ただ、中にはこのように悪質な商品もあったりするので安すぎるモバイルバッテリーは要注意です。

 

まとめ|ロードバイク乗りにおすすめのモバイルバッテリー

ということで、今回はロードバイク乗りにおすすめのモバイルバッテリーを紹介してきました!

とりあえずモバイルバッテリーが欲しいと思っているのならAnker PowerCore 5000がコスパ抜群でおすすめです!

Anker PowerCore 5000の価格をチェックしてみる

 

この記事が参考になったら幸いです。

ということで最後まで読んでいただきありがとうございましたm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。