ネムネム

どうもネムです。

最近、激軽のTIME エクスプレッソ12からちょい重LOOKのペダルに交換したので、それに伴った感想を。

果たしてペダルが重くなることで、ペダリングに影響は出るのか!?

 

ペダルの重さが変わることでペダリングは変わるのか?

結論からいうと、ペダルが重くなったことでの変化は感じられませんでした。

 

以前、私が使っていたTIMEエクスプレッソ12の重量は154gとペダルの中でもかなり軽量な部類。そして今回使い始めたLOOKのペダルは250g程と100gの増量です。

両方のペダルを手で持つと重さの違いは明白で、「TIMEかっる!!」となるのですが、実際にペダリングをしてみることによって重くなってしまったりすることは一切ありませんでした。

むしろTIMEエクスプレッソ12はベアリングがお亡くなりになっていたので、回転がよくなりました(笑)

 

なぜペダルが重くなったのに実感がないのか?についてですが、ペダルは回転の軸となりほぼ踏み込む足の中心にあります。そのため変化を感じることができないものと思われます。(素人目線なのでこの辺はよくわかりません。詳しい人がいたら教えてくださいませ。)

 

 

普段履いている靴を100g軽い靴に履き替えるとすごく軽さを実感できるのに、ペダルを変えても変化の実感がないなんて┐(´д`)┌

 

 

ペダルを軽量化する意味はなんぞ?意味はない?

ペダルを変えてもほぼ変化がないとなると、ペダルを変える意味はないのでしょうか?

確かにペダリングという面ではあまり効果がないかもしれませんが、ほかの部分においては交換する意味があるといえるのかもしれません。

 

ヒルクライムで有利になる

ペダルそのものが軽くなるので、バイクの総重量が軽くなります。

そのため、重量がものをいうヒルクライムレースなんかでは有利になることができます。

 

ただし、超ハイレベルの人に限ります。私のような貧脚ライダーがペダルを軽くしたところで大して変化は訪れませんでした。

 

ペダルを軽くする前に体重を落とせということですね。はい。

 

仲間内でドやれる( ・´ー・`)

これはもはや単なる見栄です。

軽くてハイグレードなペダルをつけていることで、仲間内でドやることができます。果たしてドやっているあなたを見て仲間がどう思うかはわかりませんが。

(自己満に没頭しすぎて、仲間に見捨てられることのないようにしましょう。)

 

ペダルを軽量化することで耐久性は下がるのか?

ペダルの軽量化にあたり、骨抜き軟化されているのをみると耐久性の心配がでてきます。

実際TIMEのペダルを持った時はおもちゃみたいな感覚になります( ゚Д゚)

 

ですが、実際に私がTIMEエクスプレッソ12を使ってみたところ特に耐久性に不安はありませんでした。むしろ頑丈です。

ロングライドやヒルクライムでガシガシ使い古してあげましたが、ペダルそのものが壊れることはありませんでした。むしろ先にベアリングがぶっ壊れました(笑)

 

なので、軽量化に伴う耐久性については心配する必要はないと思われます。(ただし私が使っていた、TIMEエクスプレッソ6の方は裏のカーボンプレートがぶっ壊れたのでグレードが低いものだと壊れやすいのかもしれません。)

 

 

結論:ペダルの軽量化はした方がいいのか?

ちょいと話がずれてしまいましたが、私個人の結論としては「余裕があるなら軽量化すればいい」と思います。

 

ほかのパーツ揃っていない。とくにポジションが決まっていない場合はペダルを変える前にそちらのパーツに投資していった方が確実にライドの質は上がると思います。

ハイグレードのペダルはお値段が5万円を超えてくるものもあるので、かなり高級です。なので、すべてのパーツに満足してほかに替えるところがなくなり余裕がでてきたら購入すればよいのでは?と。

 

ロードバイクを購入したばかりでペダルを買おうとしている人がこの記事を見ているならある程度のグレード、例えばシマノSPDの105もしくはアルテグラの中級グレードのペダルなんかをチョイスして購入するのがいいのではと思います。(Amazonだと3000円くらいしか値段が変わらないので、アルテが個人的にはおすすめです)

 

 

ある程度ロードバイクを乗ってペダルを変えようかと悩んでいる方であれば、ハイグレードのペダルを使って見るのもいいのでは?と思います。ハイグレードのペダルにすることで軽量化だけでなくベアリング性能なんかも上がってくるのでその辺の恩恵は受けれらると思いますので。

 

 

ということで、本日はこの辺で。

最後まで読んでいただきありがとうございましたm(__)m