Amazonで1,000円もらえるキャンペーン開催!

新型iPad Pro2021 (11インチ/12.9インチ)の予約開始日・発売日・価格・カラー・スペック最新情報!【買うのは待ったほうがいい?】

 

ネム

どうもネムです。

今回は、iPad Pro11(2021)インチ/12.9インチの予約開始日・発売日・デザイン・カラー・スペックなどの最新情報をまとめて紹介していきたいと思います。

現行モデルと比較して、iPadPro(2021)を待ったほうがいいのか?についても書いていきたいと思います。

 

新型iPad Pro2021 (11インチ/12.9インチ)最新情報

  11インチモデル 12.9インチモデル
ディスプレイ ミニLEDディスプレイ ミニLEDディスプレイ
プロセッサー A14 A14
メモリ 6GB  6GB 
認証セキュリティ ボタンTouch IDセンサー
FaceID
ボタンTouch IDセンサー
FaceID
デザイン 2020モデルと同じ 2020モデルと同じ
サイズ(高さ×幅)
厚さ 多少薄くなる 多少薄くなる
重さ
充電端子 USB-C USB-C
カメラ
Appleペンシル 第2世代に対応 第2世代に対応
キーボード MagicKeyboardに対応 MagicKeyboardに対応
カラー シルバー/スペースグレー シルバー/スペースグレー
通信形態 5G 5G
発売日 2021年1~6月頃 2021年1~6月頃
ストレージ 64GB/256GB 64GB/256GB
価格 84,800~139,800円 104.800円~159,800円

※この情報はあくまでもリーク情報などを元にしたものです。

発売日・予約開始日

発売日は、2021年1月~6月の間が濃厚です。

ちなみに2020年iPadProの発売日は、2020年3月25日です。

歴代iPad/iPad mini/iPad Air/iPad Pro【発売日一覧】

 

予約開始日は、いつも通りなら発売日の1週間前になると思われます。

 

ディスプレイ

ディスプレイにはミニLEDディスプレイが搭載される模様です。

ミニLEDディスプレイは、ディスプレイそのものが小さくなるというのではなくて、ディスプレイに使われるLEDが小さくなるということです。なのでディスプレイサイズは一緒です。

 

ミニLEDディスプレイの恩恵として、

  • 本体が薄くなる
  • 画面がさらに鮮明になる

といってことが期待できます。

 

個人的には、iPad Proがさらに薄く軽くなってくれるのはかなりありがたいので楽しみなポイントの一つです。

 

プロセッサー(処理性能)

プロセッサー(CPU)はA14Bionic搭載でほぼ間違いないと思います。

少なくとも、iPadAir4がすでにA14Bionicなので、それ以下のプロセッサーになるとは考えられません。

 

メモリ

通常通りなら6GBのメモリが搭載されると思われます。

iPadAir4は4GBなので、重たい作業を並行してやるならiPadPro2021ですね。

 

認証セキュリティ

通常通りならFaceIDだと思われますが、なにぶんiPadAir4にはトップボタンTouchIDが搭載されているので、それを搭載してくるのかが見物です。

 

デザイン

デザインの変更はなしで、iPad Pro2020と同じになるのではないかと思われます。

少なくとも、今更丸みのあるボディに戻されるのは勘弁です。

 

サイズ

サイズは不明。

ただ、iPad Pro2020と大して差はないと思われます。

 

厚さ・重さ

重さ厚さも不明。

ただ、ミニLEDディスプレイのおかげで薄く軽くなることが期待されています。

 

充電端子

充電端子はUSB-Cでほぼ間違いないかと。

今更ライトニングとか言ったら、マジで。はい。

 

カメラ

カメラの情報は不明。

たぶん3眼になるのではないかと思われます。いらないですけど。

 

周辺機器(ApplePencil・Keyboard)

iPad Pro2020と同様、ApplePencil第二世代、Magickeyboardには対応していると思います。

 

カラー

最近のiPad Proシリーズはシルバーとスペースグレーのみのカラー展開なので、同じではないかと思われます。

悩む必要がないのでありがたいですが、もう少しカラーバリエーションが欲しいという気持ちもあります。

 

ストレージ

いつも通りなら、128BG/256GB/512GB/1TB のラインナップです。

最近のMacBookシリーズを見ているともしかしたら、1TB以上が出てくるかもと思っています。128GBあれば十分ですけど。

 

価格

価格体は不明ですが、ミニLEDディスプレイを搭載することから安くなることはあまり考えられません。

ちなみにiPad Pro2020の価格はこんな感じ。

  • 11インチ:84,800円/95,800円/117,800円/139,800円
  • 12.9インチ:104,800円/115,800円/137,800円/159,800円

(※128BG/256GB/512GB/1TB)

 

新型iPad Pro 2021 (11インチ/12.9インチ)は待ったほうがいいのか?

個人的には、待つのはアリだと思います。

というのも、ミニLEDディスプレイを搭載することにより本隊の軽量化&薄くなるという可能性が高いから。

 

今のiPad Pro2020も十分優秀ですが、さらに使い勝手がよくなる可能性があります。

あと、A14Bionicを搭載していることからさらに高い処理性能になることは間違いなので、待てる人は待ったほうがいいと思います。

 

iPad Air4もおすすめ

絵を描く&重たい作業することを考えていないのであれば、iPad ProよりもiPad Air4のほうがおすすめです。

A14Bionicを搭載して、ディスプレイサイズも10.9インチと、iPad Proと大して変わりはありません。

その割に価格は、69080円~とコスパがいいのでおすすめです。

【新型iPad Air4】レビュー!買う価値はあるのか?在庫・サイズ・値段・ケース・品切れ情報など【2020】

 

では今回はこの辺で。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事

おすすめのiPad

 

iPadの比較

【比較】iPad Air4 iPad Pro11インチの違いとは?買うならどっちがおすすめ? iPad Air4とiPad(第7世代) 買うならどっち?【違いを比較】

 

iPad・周辺機器のお得な買い方

【最大1万円お得】iPad mini/iPad Air4/iPad Proを安く買う方法はこれだ!【完全版】 【最大5,157円引き】iPad Magic Keyboardを安く買う方法!【どこで買うのがお得か比較】

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。