Amazonで1,000円もらえるキャンペーン開催!

今買わないほうがいいiPadはこれ!【じゃあ、おすすめは?】

ネム

どうもネムです。

今回は、今買うべきではないiPadとその理由を紹介していきたいと思います。

また、今おすすめもiPadも一緒に紹介していくので参考までに。

MEMO
この記事は、iPadについてあまり詳しくない方に向けて書いています。

買うべきじゃないiPadはこれ!

iPad Proシリーズ

最新モデルも登場して、カメラも3つついていてデザインもカッコいいので、人気が高そうなiPad Proシリーズですが、ボクは明確な目的がある人以外の購入をおすすめしていません。

理由は以下の通り。

 

高い

  • iPad Pro11:84,800円~
  • iPad Pro12.9:104,800円~

 

iPad Proは今、一番安いモデルで93,280円(税込み)

高すぎ。この後ボクがおすすめするiPadが2台買えてしまう勢いの値段です。

 

FaceID

iPad Proシリーズはすべて認証システムがFaceIDのみです。

ホームボタン(Touch ID)はありません。

コロナウイルスが流行っていてマスク必須の今、FaceIDのみのiPad Proシリーズに魅力はあまり感じません。(外で使う人には特に)

 

スペックを使いきれない

iPad Proと聞くとハイスペックなiPadというイメージがあると思いますが、実際その通りスペックが高く、動作もサクサクでキーボードやAppleペンシルなども使うことができます。

でも、今販売されているiPadのほとんどは動作もしっかりしているし、キーボードやAppleペンシル(第一世代)に対応しています。

 

iPad Proシリーズはこんな人におすすめ

  • フォトグラファー
  • webデザイナー
  • 漫画家
  • (Apple製品が好きな人)

こんな感じに、写真や動画の編集をバリバリする人にはiPad Proシリーズはおすすめです。

ただこの作業をする人はきっと日本に数パーセントしかいないと思われます。

それ以外の人は、せっかく買っても機能を使いきれず無駄になってしまいます。だったらこれから紹介するおすすめの安いiPadを買って資金を温存した方がいいというのが僕の考えです。

 

今一番おすすめのiPadはこれ!

iPad 10.2インチ(第8世代) Wi-Fiモデル 128GB

ネム

ボクが今一番おすすめしたいiPadは、iPad 10.2インチ(通称iPad 無印)です。

9月15日のAppleEventで最新モデルが発表されました!

安い

なんといっても、このiPad 10.2インチ(第8世代)は価格が安いので、手に取りやすいiPadになっています。

初めてiPadを持つ人やブラウジングや軽い文章を打つくらいの人ならiPad 10.2インチ(第8世代)はおすすめです。

32GB 34,800円(38,280円)
128GB 44,800円(49,280円)

※()内は税込み価格

スマートキーボード・Appleペンシル対応

今まで、安いiPadはスマートキーボードやAppleペンシルが使えませんでしたが、iPad 10.2インチ(第8世代)から使うことができるようになりました。

※AppleペンシルはiPad(第6世代)でも使えます。

 

ストレージは128GBがおすすめな理由

iPad 10.2インチ(第8世代)には32GBと128GBの2モデルがありますが、ボクは128GBモデルをおすすめしています。

というのも経験上、32GBだと容量が足りなくなることが多いから。

 

ちょっとアプリを入れたり、ダウンロードをしたりすると容量がいっぱいにいなってしまいます。

なので、ある程度長くiPadを使うつもりなら128GBを選択しておくのがおすすめです。

ほんとは64GBがちょうどよくておすすめなんだけど、iPad 10.2インチ(第8世代)には64GBモデルがないから128GBをおすすめしているよ。

ただ、128GBもあれば5年間使っても、容量が足りなくなることはほぼないから安心だよ。

 

注意
iPadは一度購入してしまうと、本体の容量を増やすことができません。AndroidのようにSDカードを差して容量を増やすことはできないのでご注意を。

 

iPad 10.2インチ(第8世代)の弱点

スペック

価格が安い分どうしてもスペックの面では劣ってきてします。

動画を見たりブラウジングをしたり、ライブラリアプリなどで本を読んだりする分には十分ですが、ガッツリ文字入力をしたり軽く絵をかいたりする人には物足りなくなってくる可能性があります。

 

重さと厚さ

あと、本体の厚さと重さがほかのiPadに比べて若干重たくなっています。

サイズ
(縦×横×厚さ)
重さ
iPad 10.2インチ(第8世代)250.6×174.1×7.5483g
iPad Air4247.6㎜×178.5㎜458g
iPad mini5203.2×134.8×6.1300.5g

ただ、これに関しては、実際持ち比べてみた感じそこまで差があるとは感じなかったのであまり気にしなくていいと思います。

 

iPad 10.2インチ(第8世代) おすすめしない人
  • 文字入力をたくさんする人
  • 絵を描いてみたい人
iPad 10.2インチ(第8世代) おすすめな人
  • 安いiPadが欲しい人
  • 本を読んだり、動画を見たり、ブラウジングが主な目的でiPadを使いたい人
MEMO
スペックが低いといっても、普通に使っていればiPadの寿命といわれている5年間は使い続けることができるので、上にあるように文字を読んだり、動画を見たり、ネットを見たりするだけの人にはiPad 10.2インチ(第8世代)はおすすめです!

 

iPad Air4 Wi-Fiモデル 64GB

ネム

iPad Airシリーズは搭載しているCPUも高性能で、軽いし厚みも薄いしでコスパがいいモデルなので、少し重たい作業をする人におすすめです!

 

スペックが高い

iPad Airに搭載しているCPUはA14チップ

文字入力をガンガンしたり、絵を描いたりするなど多少の重たい作業なら問題なくこなすことができます。

 

また、Appleペンシル(第2世代)・Magicキーボードにも対応しています。

 

ストレージは64GBがおすすめの理由

iPad Airには64GBと256GBの2モデルがあります。

正直、ボク自身今までiPadを使ってきた経験からして256GBも必要ないと感じています。

 

参考までに、現在使ってるiPad9.7インチの状態はこんな感じです。

現在使ってるiPad Pro9.7の状態
  • 容量128GB
  • 現在使用している容量:25GB
  • 主な用途:読書、ブラウジング、動画視聴、文字入力
  • 写真枚数:約700枚
  • 動画本数(1~5分):約120本
  • 使用年数:約3年

ボクはiPhone、MacBookも一緒に使っていためiPadにデータをあまり入れていないというのもありますが、現在使ってるデータ量は全体の4分の1以下の25GBです。

たぶんフルで容量を使ったとしても、50GB行くか行かないかくらいだと思います。

 

ネム

多くの人はiPhoneを使っていると思うので、僕と同じように容量の分散ができると思います。

なので、動画撮影を頻繁に行うなど重たいデータをたくさん使うのでなければ、64GBで十分というのがボクの意見です。

 

iPad Airの弱点

一番安いiPad Airは60,280円(税込み)です。対して、最初におすすめしたiPad10.2インチ(第8世代)は49,280円。

その差は1万円。できるだけ安くiPadを手に入れたい人にとっては大きな差です。

 

iPad Air おすすめしない人
  • できるだけ安くiPadを買いたい人
  • ブラウジング・読書・動画視聴を主としてiPadを使う予定の人
iPad Air おすすめな人
  • 文字入力をたくさんする予定の人
  • 絵を描いたりしてみたい人

ネム

感覚としてiPad Airがおすすめなのは、日常的にもガンガンiPadを使う予定の人です。

処理性能が高いため多少の重たい作業でも問題なくこなすことができます。

 

iPad mini5 Wi-Fiモデル 64GB

コンパクトなiPadが欲しいなら持ち歩きが便利なiPad mini5がおすすめです。

小さくて軽い

iPad mini5は名前の通り、小さくてコンパクトなので軽くて持ちやすいです。

写真はiPad Pro9.7インチとiPad mini5の比較画像です。

こうして重ねると結構大きさが違うのがわかります。

  サイズ
(縦×横×厚さ)
重さ
iPad mini5 203.2×134.8×6.1 300.5g
iPad Air 250.6×174.1×6.1 456g
iPad 10.2インチ(第8世代) 250.6×174.1×7.5 483g

 

サクサク動く

iPad mini5にはiPad Airと同じA12チップが搭載されているため、処理性能が高く、動作サクサクです。

絵を描いたり、資料を作ったりなど多少の重たい作業も問題なくこなせます。

 

ストレージは64GBがおすすめの理由

iPad mini5には64GB256GBの2モデルがあります。

iPad Airのところでも書いていますが、動画をたくさん撮ったりするつもりがないのであれば64GBがおすすめです。

詳しい説明はiPad Airの「64GBがおすすめの理由」をご覧ください。

 

iPad mini5 の弱点

スマートキーボード非対応

iPad mini5はAppleペンシルには対応してますが、スマートキーボードには非対応です。

Apple純正のキーボードにこだわらなければ問題ないですが、スマートキーボードを使いたいならおすすめしません。

 

画面が小さい

miniなので仕方ないですが、iPad 第8世代/Air/Proと比べると画面が小さいです。

画面が小さいと、作業スペースが小さくなるためストレスになる場合があります。2画面に分けて作業したりしたい思っているならiPad mini5 はおすすめしません。

MEMO

画面が小さいと文字も小さくなると思う人もいるかもしれませんが、文字のサイズはiPadの設定で大きさを変えることができるので心配する必要はありません。

 

iPad mini5 おすすめしない人
  • 作業をたくさんする予定の人
  • iPadを2画面に分けて使いたい予定のある人
iPad mini5 おすすめな人
  • 持ち歩きに便利なiPadが欲しい人
  • 本を読んだり、動画を見たり、ブラウジングが主な目的でiPadを使いたい人

 

Wi-Fiモデルとセルラーモデルの違い

iPadにはWi-Fiモデルとセルラーモデルがありますが、基本的に買うのはWi-FiモデルでOKです。

違いは以下の通り。

Wi-Fiモデルとセルラーモデルの違い
  • Wi-FiモデルWi-Fiがあるところならどこでも使える
  • セルラーモデルWi-Fiがないところでも使える(あとWi-Fiモデルより高い)

セルラーモデルはWi-Fiがないところでも使えますが、通信をするためのSIMが必要になってきます。

契約する会社によって料金は変わりますが、別途月1,000円~の料金がかかります。

 

現在の日本ではほとんどの場所でWi-Fiが使えるので、あえて高いセルラーモデルを買う必要はないということです。

※当サイトで紹介しているiPadはすべてWi-Fiモデルになります。

 

 

まとめ|買わないほうがいいiPadとおすすめiPad

ということで今回は、買わないほうがいいiPadとおすすめiPadを紹介してきました。

 

ということで今回はこの辺で。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

iPadと一緒に買うべき【4つもの】 おすすめフィルム/ケース/キーボード 【iPad mini5整備済製品 レビュー】中古じゃない?新品同様に使えるの? 【3,000円以上お得】iPad mini/iPad Air/iPad Proを安く買う方法はこれだ!【完全版】