Amazonブラックフライデーで超お得に商品を買う方法!

【一目でわかる】ロードバイクを自分で組み立てるときに必要な工具一覧!

https://www.shino05.com/wp-content/uploads/2019/09/IMG-00012.jpg

どうもネムです。

今回は、ロードバイクを自分で一から組み立てる、いわるゆ”バラ完”をするときに必要な工具や個人的に組み立てる際にあると便利な工具なんかを紹介していきたい思います。

絶対必要な工具

まずは、バイクを組み立てる野に絶対必要な工具をご紹介。

工具名 画像 用途
アーレンキー   別名六角レンチ。
これがないと組み立て出来ないといっても過言ではありません。
安くて丈夫なものも販売されてるので私はそれを使ってます。

Amazonで探す

チェーンカッター  

チェーンを外したり、つけたりする工具。チェーン”カッター”という名称だが刃物がついているわけではありません。
シマノプロとAmazonの安いやつ、両方使ってみましたが、安いチェーンカッターで十分でした。

Amazonで探す
チェーンフッカー  

チェーンをつなぐ際に、使う工具。これがないとチェーンが暴れてしまうので、地味だけど必須工具です。

チェーンカッターに付属していることもあるので重複購入にはご注意を。

Amazonで探す

ケーブルカッター  

ケーブルやワイヤーを着るための工具。普通のニッパーやハサミでケーブルは切れないので必須。

Amazonで探す

ドライバー  

ごく一般的なプラスドライバー。これがないとディレイラーの調整ができません。

Amazonで探す

BB着脱工具  

BBを外したりつけたりする工具。圧入式のBBはこれ使わないと外せません。使わない手もありますが、フレームに傷が付く可能性大です。
BBの規格によっては必要ないこともあります。

Amazonで探す

BBレンチ  

BBを回してフレームに取りつけるための工具。
シマノのBBを使う場合は必須。ほかの規格のBBの場合必要ない場合もあるので購入前に確認しましょう。

Amazonで探す

モンキーレンチ

BBを締め付けるための工具。
幅が調整できるものを購入しておくとスプロケを外すときにも使えます。ちなみに安物はガタがあるのでしっかりしたものを買うのがおすすめ。

Amazonで探す

クランク取付工具  

クランクを付けるための工具。小さいですが大切です。シマノのクランクはネジ穴が特殊なのでこれないと取り付けできません。

Amazonで探す

デュラグリス  

パーツの潤滑&錆防止に使うグリス。
グリスなら何でもいいですが、何を使えばいいのかわからないならデュラグリスを使っておけば間違いありません。
ちなみに容量が少ないタイプもありますが、後々足りなくなるので一番量が多いのを選んで買うのがおすすめ。

Amazonで探す

金ノコ

主にコラムやシートポストのカットするのに使います。
金ノコがあれば、アルミとカーボンどちらも切ることができます。
カーボン専用のノコギリもありますが、正直コスパが悪いのでおすすめしません。プロショップでも金ノコを使ってるとこもあるので問題なしです。

Amazonで探す

金ヤスリ  

コラムやシートポストを切った後のバリ取りに使います。
バリが残ってるとうまく組み立てできないので大事。

Amazonで探す

ビニールテープ  

ケーブルをまとめたり、バーテープを巻いた後に止めるために使います。
ぶっちゃけビニールテープはネット通販よりもダイソーなどの100均の方が安く手に入れることができます。

【バラ完インプレ】2019アレースプリント REDHOOKを自分で組んでみた! スペシャライズド OSBBにシマノ クランクを付けてみた【BB30⇒ウィッシュボーンへ交換】 アレースプリントのヘッド周りパーツ&ベアリングの組み立て紹介。

 

あると便利な工具類

バイクを組み立てるのにあると便利な工具です。

工具名 写真 用途
トルクレンチ  

デジタル画面や音でトルクを教えてくれる工具。
ちょいとお値段が高いのが難点ですが、カーボンのフレームやパーツを組み立てる場合はあると安心です。

Amazonで探す

ソケット  

トルクレンチのソケット。
写真のセットを買えばロードバイクの組み立てに対応できます。

Amazonで探す

ステンレストレー  

外したナットやボルトなどを小さなパーツを入れておくトレー。
あるとパーツ管理が楽です。100均の方が安く買えます。

ゴム手袋  

汚れ防止のための手袋。パーツを触ってると油まみれになるのであると便利。

Amazonで探す

万力  

コラムを切る時に挟むのに使います。
なくてもコラムは着れますが、あると安定して切ることができます。

Amazonで探す

レーススタンド  

フレームを固定して作業することができる台。なくても作業は可能ですが、あると固定されるので安定して作業できます。あと腰が楽です。
ホイールを履いた状態では使用不可。

Amazonで探す

メンテナンススタンド

ホイールを付けた状態でも作業ができる台。
こちらもあると楽に作業ができます。あと腰が楽。

Amazonで探す

ロードバイクの組み立てにデジタルトルクレンチは本当に必要なのか?

ホイール組み立てに必要な工具

ホイールを自組する際に必要な工具です。ホイールを組み立てる予定はない人はスルーしてください。

工具名 画像 用途
ニップルレンチ  

スポークのニップルを締めたり緩めたりする工具。
ニップルのサイズに合わせて購入する必要があるので購入前にサイズをチェックしましょう。

Amazonで探す

スポークテンションメーター  

スポークのテンションを図るための工具。
正直なくてもホイールは組み立てられますが、あると完成度が高いホイールが組み立てらます。

Amazonで探す

振れ取り台  

ホイールの振れを撮るための台。
これがないと振れを取るのは不可能。
ミノウラの安い振れ取り台もありますが、正直精度が微妙だったのであるしっかりしたものを買うのがおすすめ。

Amazonで探す

タイヤレバー  

ホイールにタイヤを付けるための工具。

Amazonで探す

スプロケット外し

ホイールにスプロケを付けるための工具。
写真のセット工具を買えば、ロックリングを買う必要はありません。

Amazonで探す

ロックリング締付け工具  

シマノ純正のロックリング。
何度もスプロケを外す予定があるなら、上の工具よりこちらの方が強度が高いのでおすすめ。

Amazonで探す

 

工具を買う前に知っておきたいポイント

安い工具は要注意

Amazonなんかでやたら安く売られている工具は要注意です。

安い工具は大体中国産になっていて、到着までに時間がかかります。また品質も低い工具があったります。Amazonであればレビューを見れば大体どこから発送されるのかなどの情報は得られるのでしっかり確認しておくのがおすすめ。

あ、ちなみに安くてもしっかり使える工具もあるので一概に全部が全部だめというわけではないです。

 

中古の工具は壊れやすい?

できるだけ工具を安く手に入れたいとなると。メルカリやヤフオクなんかで買うことも考えますよね。

でも、ぶっちゃけ中古工具はおすすめしません。理由は以下の通り。

 

壊れているものが送られてくる可能性がある

可能性は低いですが、使っていた人が壊れている工具を送ってくる可能性が考えられます。

また、ロードバイクの工具は細かい調整をするために使うものもあります。でもそのメモリが狂っていたら?

なんてことを考えると、中古の工具は買いたくありません。

 

しかも購入して外れだったらお金が無駄になります。だったら初めから新品を買った方がお得です。

 

セット工具を購入するのはやめた方がいい?

シマノプロなどから販売されているセット工具がありますが、個人的にはありだと思います。

ほかの工具を持っていないならこれを買えば一気に工具が揃うし、価格も抑えることができるので良いと思います。

 

注意
少しでも工具を持っているなら、バラバラで買った方がいいのかセットで買った方がいいのかを比較する必要があります。

ということで今回はこの辺で。

最後まで読んでいただきありがとうございましたm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。