どうもネムです。

先日自組したアレースプリントですが、ヘッド回りとベアリング部分ちょい特殊でかなり苦戦したのでその様子を書いていこうと思います。

同じようにアレースプリントの自組される方の参考になれば幸いです。(そんな人ピンポイントでいるかわからないですが)

 

アレースプリントのベアリングの罠

まず最初に書いておきますが、アレースプリントのフォークに入れるベアリングはフレームのヘッドチューブに圧入されています。

私は最初、パーツセットを見たときにベアリングが入ってなくて焦りました。そしたらなんと、ヘッドチューブに突っ込んであったというオチです。

こんなフレーム初めてだよ。。。(私が無知なだけかもしれませんが)

 

ヘッド部分を組み立てていく

気を取り直してヘッド部分の仮組み立てをしていきます。

 

最初にこのパーツをフォークに入れます。名前はたぶんクラウンレース。

 

ベアリングがないのでなんか不安ですが、これで問題なしです。

 

で、ヘッド上部分に同じようなパーツを入れてあげます。

上と下でサイズが違うので間違えることはないと思います。

 

そしたらヘッドカバーを付けます。

アレースプリントには2種類のヘッドカバーがついてました。2つ付けても悲惨なことになるのでつけるのは1つにしておきましょう。

 

写真では短い方をつけてます。(後で長いほうに交換しましたが)

 

グリスアップ

仮組が終わったのでグリスをぬりぬりしていきます。

 

以前乗っていたバイクを分解したときに、ヘッドベアリングが錆びていたことがあったのでグリスは念入りに塗りこみます。

 

特にアレースプリントはベアリングが圧入で、取り出して掃除ができないので水が入りこまないように念入りに塗りました。

(塗ったからといって整備しなくていいわけではないですが)

 

プレッシャーアンカーを圧入

プレッシャーアンカーを入れていきます。

 

ここもグリスはたっぷりです。

 

あとはトップキャップをつけて完成です。

 

あ、写真撮るの忘れたので全体が完成したときの写真を載せときます。

 

フォークとヘッドチューブの間に隙間が空く!?

アレースプリントのフォークとヘッドチューブの部分はどうやら隙間が少し空く個体もあるようです。

スペシャライズドの本社に問い合わせてみたところ、間が少し空いていてもガタがなければ問題ないとのことだったので特に気にせずに乗っています。

問題なく乗れてますし。

 

ということで、アレースプリントのヘッド周りの組み立てについてでした。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(´∞`)