Amazonブラックフライデーで超お得に商品を買う方法!

デュラエースR9100のグループセットはどこが安いか価格比較してみた。

ネム

どうもネムです。

興味本位でデュラエースのグループセットの価格を調べてみましたのでコンポの載せ替えなんかを考えておられる方の参考になれば幸いです。

(決して私が買うわけではないですよ。決して。。。)

デュラエースR9100(機械) グループセットの定価価格

STIレバーセット(ST-R9100) 56,326円
ブレーキ前後(BR-R9100) 40,717円
クランク(FC-R9100) 63,481円
フロントディレイラー(FD-R9100) 12,730円
リアディレイラー(RD-R9100) 24,464円
スプロケット(CS-R9100) 27,280円
チェーン(CN-HG901-11) 5,372円
総額 230,370円

価格を比較するならまずは定価を知らなくてはということで、まずはパーツごとの定価をまとめてみました。

定価で購入すると約23万円。結構しますね。

ショップで注文するとこれに加えて組み立て工賃などもかかってくるので載せ替えをすると25万前後になると思われます。

デュラエースR9100(機械)グループセットの価格調査

お待たせしました。本題に入ります。

デュラエースのグループセットの最大割引はどのくらいなのでしょうか。見ていきたいと思います。

Probikekit JP
128,759円
Wiggle 141,748円
CRC(Chain Reaction cycles) 141,749円 ~ 192,538円
(歯数・クランク長で価格差有)
CYCLE Express
取扱なし
楽天市場 178,000円
Amazon 247,875円

※価格は2019年8月20日現在のものです。

非常に残念なことに海外通販でのシマノ製品の取り扱いが全面的に終了しました。

Wiggle(ウィグル)でシマノ製品の取扱い終了ってホント⁉ コンポが安く買えなくなるらしい・・・

その結果、R9100のグループセットをネットで購入するには楽天を使うしか手段がなくなりました。。。(この記事を編集している際にはAmazonも在庫切れでした。)

ということで、R9100のグループセットをネットで購入して自組もしくは安く購入したいのであれば楽天が今のところお得といった感じでございます。定価価格と比べて5万円程安いのでそれなりといった感じですね。

⇒R9100を楽天で確認してみる

デュラエースDi2(R9150)の価格比較

デュラエースといったDi2(電動式)も外せないですよね!!

ということでDi2の価格も比較してみようと思います。

(あ~なんか価格比較のために調べてると欲しくなってきます。間違ってポチらないように気をつけなければ)

デュラエースR9150(電動) グループセットの定価価格

STIレバーセット(ST-R9150) 71,160円
ブレーキ前後(BR-R9100) 40,717円
クランク(FC-R9100) 63,481円
フロントディレイラー(FD-R9150) 43,591円
リアディレイラー(RD-R9150) 70,454円
スプロケット(CS-R9100) 27,280円
チェーン(CN-HG901-11) 5,372円
バッテリー充電器(SM-BCR2) 11,208円
エレクトリックワイヤー 15,480円
ジャンクションA(SM-EW90-A) 11,455円
ジャンクションB(SM-JC41) 3,195円
総額 379,780円

機械式が230,370円電動式が379,780円ということで価格差は146,410円となります。

これを安いとみるか高いとみるかはその人次第だと思いますが、電動式にすることにより若干の軽量化とコントロールの精密度を手に入れることができます。

ちなみに私の場合、「14万円か。。。ある程度良いフレーム一本買えるやないか(;^ω^)」という感想です。

デュラエースR9150(電動) グループセットの価格比較

Probikekit JP
243,484円
Wiggle 246,698
CRC(Chain Reaction cycles)
278,499円
CYCLE Express 289,999円
楽天市場 195,000円(電動ビルトインキットコンポセット )
Amazon 取扱なし

※価格は2019年8月20日現在のものです。

Di2も外通での販売が終了した波を受け、購入できるのは国内通販のみとなってしまいました。。。

現状、R9150をお得に買う方法は楽天で電動ビルトインキットコンポセット(つまり電動シフター部分のみ)を購入して、ほかのクランクなどは別途購入していくのがおすすめです。

⇒電動ビルトインキットコンポセット

⇒R9100クランク

⇒R9100ブレーキセット

⇒R9100スプロケット

⇒R9100チェーン

お金に余裕がない人は、電動ビルとインキットだけ購入して、クランクなどは今あるもので組んでしまうというのもありかもですね。お金がたまったら随時交換してく感じです。

デュラエースR9100・R9150の特徴

新デュラエースに代わってどのあたりが変化したのでしょうか?

ぱっと見、デザインが変わったくらいしかわかりませんが、実は結構変更点があるようです。

クランクのアーム幅の変化

クランクのアーム幅が広がったことによりパワー伝達性能がアップしているようです。

確かにこうして比べてみるとかなり分厚いですね~

シフトレバーのサイズ

デュラエースR9100は、R9000系に比べるとシフトレバーのサイズが小さくなっていて手が小さい人でも握りやすくなっています。(ストロークが短くなっています。)

ただ、レバーが小さくなったからといって重量が減るかというとそうでもないみたいで、デュラエースR9100とデュラエースR9000のシフトレバーの重量は同じです。(むしろほかのパーツで重量アップしているためR9100系の方がほんの少し重くなっています(;^ω^))

比較画像を作ってみましたが、私の目が腐っているのか違いがよくわかりませry、、、、

フロントギアの軽さ

デュラエースR9000の時はフロントを上げる際に少し重く感じたようですが、デュラエースR9100ではその点が改善され、フロントのギアチェンが軽くできるみたいです。

私は、実際触ったことがないので何とも言えませんが。(というかアルテグラでも十分スムーズに変速している気がするのは私だけでしょうか)

デザインの変化

以前のデュラエースR9000は、高級感あふれる銀色×黒のクランクが特徴的でしたが、新デュラエースR9100は漆黒のごとく真っ黒のクランクになりました。個人的にはデュラエースR9000のデュラエースのデザインは好みだったので、変更された時は若干のショックを受けました。(当時お金があれば欲しかった)

デュラエースR9000のグループセットは、現在ネットでの販売は見つからなかったので手に入れる場合は、バラでかき集めるか、在庫があるショップを探すしかなさそうです。

デュラエースにするとどのくらいの軽量化につながるのか?

105
R7000
アルテグラ
R8000
R9100
クランクセット 713.4g 674g 609g
STIレバーセット 500g 440g 365g
ブレーキ―セット 379g 360g 326g
フロントディレイラー 95g 92g 70g
リアディレイラー 225g 200g 158g
BB 77g 63g 54g
チェーン 266g 257g 247g
スプロケ(11T-28T) 284g 251g 193g
総重量 2539.4g 2337g 2022g

※ちなみにデュラエースR9000の総重量は約2042gです。

105やアルテグラからの変更をするとこのくらいの重量差がでてくるようです。

この差をどう捉えるかは人それぞれだと思いますが、個人的には105からデュラエースにしたらかなりの軽量化になるんだと知りました。(無知すぎる)

ただその分、たくさんの諭吉を失うことになりますが。。。

正直105からアルテにするだけでかなり変速性能の変化は実感できるので、アルテグラで十分だと個人的には思います。

ただ、ロマンを求めるならデュラエースもありです。

今後デュラエースにする可能性はあるか?

ここからは個人的見解になるんで、興味のない人は見なくても何ら問題ありません。

ということで、私自身が今後デュラエースにする可能性があるのか?という点ですが、結論から言うと「今のところない」です。

だって、最近スラムレッドを導入したばかりでそんなお金ありませんし(爆)

でも、興味は非常にあるので今後、将来的にブログのネタとして導入するのはありかなと思っています。(外通でシマノ取扱終了の波が来てるので、何かの間違いがあれば買ってしまうかも。。。)

あとは、カンパが12速のコンポを出したのでシマノがそれにどう反応するのかも見ものです。

ということで、今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。