ネムネム

どうもネムです。

アレースプリントを組むにあたって、最近流行りのパワーサドルに手を導入してみようかと思ったのですが、どうやらパワーサドルにはノーマルタイプのものと、アーク(ARC)という2種類が販売されているようです。

どんな違いがあるのか?形状や乗り心地を比較インプレしていきたいと思います。

あ、ちなみにサドルはお世話になっているお店からレンタルしてきました。

形状を比較 【スペシャライズド パワーサドル】

(左:ノーマル 右:アーク)

まずは形状を比較していきたいと思います。

上から見た図でわかるのは、穴の大きさの違い。ノーマルの方は広くアークは狭いといった形です。

 

(左:ノーマル 右:アーク)

前からみると、ノーズの形も結構違うのがわかります。

ノーマルのパワーサドルは前に来るにつ入れて少しずつノーズが下がっているので、ペダリング時に足が引っかかりにくそうです。たぶん。

 

(左:ノーマル 右:アーク)

座面は、アークの方がかなり沿った形になっています。

ノーマルはアークに比べるとほぼ平らです。

 

(左:ノーマル 右:アーク)

一応裏面も、アークは座面が沿っているためか裏までシートがかかっていました。

 

果たしてこれがどう乗り心地に影響してくるのでしょうか(‘Д’)

個人的には、アークの方がサドル面が下がっているので”坐骨が引っかかり乗り心地は良さそう”と予想です。

 

あ、ちなみに重量はカタログ値(ノーマル:233g アーク:243g )とほぼ同じでございました。ノーマル:238g。アーク:240g。

 

 

パワーサドル アークの乗り心地

まずは、アークから試し乗りです。

予想では、乗り心地はよさそうと思っていましたが、乗ってみてびっくり。

なんとお尻が痛いではありませんか(;゚Д゚)。。。

 

座面が丸まっている部分に坐骨が刺さり、軽く座っているだけでも痛いんですけど。。。

 

前傾姿勢をとってあげると多少楽にはなりますが、これは痛い。

予想とは裏腹に私のお尻とアークの相性は最悪のようでした。残念。

 

 

パワーサドル ノーマルの乗り心地

お次はノーマルのパワーサドルです。

アークとの相性が悪かったので、これでお尻が痛くなると私はパワーサドルを使うことができなくなってしまいます。

 

果たして乗り心地は・・・・

 

ん。これは?

 

おおお!座り心地抜群だぁ!

 

やりました。どうやらノーマルのパワーサドルは私のお尻と相性が良かったみたいです。

長距離乗ったわけではないので、100%確信を込めて言えるわけではないですが、現状座っていてお尻の痛さがありません。

アークのように坐骨が突き刺さることもなく、前傾姿勢も問題なしです。

 

これは買いです。

あくまでも個人的な感想なのであしからず。骨盤の形や坐骨の幅などは人それぞれなので、実際に購入される前に一度レンタルしてお試しされることをおすすめします。
スペシャライズドの公式ショップに行くと坐骨幅もを計ってくれて自分に合ったサドルを教えてくれるので、近くにお店がある人はこのサービスを使うのもおすすめです。

 

自宅で坐骨幅の測る方法

ここでちょっとしたマメ知識を。サドルを買う前に坐骨を測るとある程度の目安になります。

でもどうやって測ればいいのか?

 

段ボールがあれば簡単に、坐骨幅を測れます。ちょっと写真がなくて申し訳ないですが、手順は以下の通りです。

 

  1. 段ボールを準備(できるだけ厚みがあるもの)
  2. 段ボールの上に座る
  3. 座ったらしばらく待つ
  4. 立ち上がり、左右の坐骨後のくぼみの真ん中と真ん中の距離を測る

これで簡単に坐骨幅が測れます。

 

 

スペシャライズドのパワーサドルを購入!

レンタルして、しっかり試すことができたので心置きなくパワーサドルを購入できます。

もちろん買うのは、お尻の相性が良かったノーマルのパワーサドルです。

 

お色は、ホログラフィック リフレクトをチョイス。

オンラインショップでは売り切れなのですが、なぜかよく行くお店に在庫があったので無事にGet。

 

光の当たり加減によって色が変わる何とも男心をくすぐる一品です。

上記写真は、フラッシュを使って写真を撮った図です。(*´ω`*)カッコイイ

 

また、アレースプリントが完成したら記事を書きたいと思います。

 

⇒スペシャライズド パワーサドル

 

ということで、この辺で。

最後まで読んでいただきありがとうございましたm(__)m