Amazonで最大20%還元でお買い物する方法とは?

UQモバイル・ワイモバイルと一緒に買うのがおすすめのiPhoneはこれ。

 

ネム

どうもネムです。

今回は、UQモバイル・ワイモバイルを申し込む際に一緒に買うといいiPhoneを紹介していきたいと思います。

【実は損する】UQモバイルとワイモバイルの違いとは? それぞれおすすめなのはこんな人!

UQモバイル・ワイモバイルの端末セットで絶対買うな!

まず、最初にUQモバイル・ワイモバイルではSIMと一緒に端末が販売されていますが、それを買うのはあまりおすすめできません。

理由は以下の通り。

  • 買える端末のスペックが低い
  • 購入後使える年数が短い
  • 端末が比較的高く販売されている

では詳しく見ていきたいと思います。

 

買える端末のスペックが低い

販売している端末を買っても性能スペックが低いため、実際に使ったときに動作がもっさりしてストレスを感じてしまうことが多々あります。

アプリの起動が遅かったり、タップしても反応しなかったり、強制終了したり。

 

UQモバイル・ワイモバイルではiPhone以外にもandroid端末を販売していますが、スペックはとても低いです。買うならiPhoneの方がましなレベルです。

 

購入後使える年数が短い

UQモバイル・ワイモバイルでは販売されているiPhoneは2、3年型落ちモデルとなっています。

 

そしてAppleでは新しく販売されたiPhoneに対して4年間ios(ソフトウェア)アップデートのサポートしています。つまり最大4年の寿命ということです。

なので、UQモバイル・ワイモバイルで販売されいている型落ちを買ってもそうそう長く使うことはできないということです。本体よりもios(ソフトウェア)の寿命がきて使えなくなっていまします。

 

あなたがiPhoneは1年くらい使ったらすぐに買い替えるつもりでいるならいいですが、できるだけ長く使いたいと思っているならUQモバイル・ワイモバイルで販売されているiPhoneの購入はおすすめしません。

端末が比較的高く販売されている

個人的には、UQモバイル・ワイモバイルで販売されているiPhoneはちょっと割高な感じがします。

もちろんAppleストアで買うよりは安くなっていますがそれでも高い気がします。

UQモバイル・ワイモバイルと一緒に買うのがおすすめのiPhone表

iPhone6s ×
iPhone7/7Plus
iPhone8/8Plus
iPhone11
iPhone11Pro/Pro MAX
iPhoneSE2(仮)

一番のおすすめはiPhone11無印

2019年9月に発売されたiPhone11はかなりコスパのいいモデルです。

iPhone11Proシリーズの下位グレードでありながら、11Proシリーズと同じ最新プロセッサーを搭載。ほかにも超広角レンズ・最強のバッテリー持続時間も搭載しています。

値段的な部分でも一番安いモデル(64GB)は約83,000円(税込)となっています。

 

83,000円は高い気がするけど・・・

UQモバイル・ワイモバイルで販売されているiPhoneは高くても4万円くらいなので、iPhone11は高いように見えますが、実際はそんなに高くありません。

先ほども書きましたが、iPhoneのiosサポート期間は最大4年。iPhone11は最新モデルなので最大4年間フルで使うことができます。

対してUQモバイル・ワイモバイルのiPhoneは1年しか使えないので年費用体効果で考えるとiPhone11はコスパがいいんです。

  • iPhone7(28,644円)の費用効果:28,644
  • iPhone11(82,280円)の費用対効果:20,570円

※現在UQで販売されているのはiPhone7のみでした。iPhone7は2021年9月までiosサポートがあります。

【iPhone11vs7Plus レビュー比較】買い替える価値はあるの?実際に使い比べてわかったこと。

待てるならiPhoneSE2がおすすめ

2020年4月に発売されるであろうiPhoneSE2はiPhone11をしのぐ最強コスパiPhoneです。

発売されるまでの間、少し待てるならiPhoneSE2を買うのがおすすめです。コロナウイルスのせいで少し怪しくなっていますが、それでも待つ価値は十分あると思います。

iPhone SE(2020)の最新リーク情報まとめ。価格や発売日、スペックなど【2020年4月版】

iPhone8を中古で買うのもあり

iPhone8は2018年に発売されたiPhoneなので、2022年まで使うことができます。つまり、今買えば最大2年は使うことができるということです。

iPhone8は中古も多く販売されているので、それを狙うのもありです。

中古iPhoneを安く買うときの注意点

SIMフリーモデルか確認する

キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のSIMロックがかかっていると、もしかするとUQモバイル・ワイモバイルが使うことができないことがあります。

 

ちなみに、auならUQ、ソフトバンクならワイモバイルが親会社になっているので、対応したキャリアなら使えないことはありません。

  • UQ:au
  • ソフトバンク:ワイモバイル

 

ただ、その辺ことがわからないならSIMフリー端末を買うのがおすすめです。仮に売却するときもSIMフリーのほうが安く売れますので。

バッテリーパフォーマンスを確認する

iPhoneのバッテリーには寿命があって、寿命は残りどのくらいかを”設定”アプリから確認することができます。

「設定」→「バッテリー」→「バッテリーの状態」

「%」表示になっています。

中古で買う際は、90%以上のバッテリーがあるものを買うのがおすすめです。

というのもappleは80%でバッテリーの交換を推奨しているので、へたったバッテリーのiPhoneを買うとすぐにバッテリー交換の必要が出てきて、余計なお金を払い損してしまうからです。

出品者に連絡すれば大体教えてもらえます。逆に教えてくれない出品者さんはあまり信用できないので、そういった人からは買わないほうがいいです。

 

まとめ

ということで、UQモバイル・ワイモバイルと一緒に買うのがおすすめのiPhoneについてお伝えさせていただきました。

おすすめiPhoneと購入場所

iPhone11 SIMフリー:Apple公式

iPhoneSE2 SIMフリー:未発売

iPhone8 SIMフリー:中古ショップ・フリマ

UQモバイルの申込はこちら

ワイモバイルの申し込みはこちら

ということで今回はこの辺で。

最後まで読んでいただきありがとうございましたm(__)m

【実は損する】UQモバイルとワイモバイルの違いとは? それぞれおすすめなのはこんな人!